振り袖は何歳まで着られるの?

振り袖は何歳まで着られるの?

振り袖は、未婚女性の第一礼装。
この振り袖、未婚であれば例えば30歳を過ぎても着ていいものなのでしょうか?
また逆に、既婚であっても20代であるなど若ければ、振り袖を着ていいものでしょうか?

振り袖を着る機会が多い「結婚式」に絞って考えたいと思います。

未婚で30歳を過ぎている場合。

「未婚であっても30歳を過ぎて振り袖を着るのはみっともない」
このように考える人がいるのは事実です。

ですが、振り袖が「未婚女性の第一礼装」とされている以上、それはあくまで個人の感覚の問題で、本来は責められる筋合いではありません。

結婚式には、親族のさまざまな方が参列されます。
なので新郎・新婦双方の親族に、「30歳を過ぎて振り袖はみっともない」と考える人がいなければ、振り袖を着て問題はないと思います。

現在では、よっぽど古い考え方でない限り、30歳を過ぎての振り袖を「みっともない」と思う人は、あまりいないと思います。

逆に、親族にそのような考え方をする人がいる場合、無理して押し切ってまで振り袖を着ることはないともいえるかと思います。

ただし30歳を過ぎて振り袖を着る場合、若い頃とまったくおなじ着方だと、浮いてしまうことがあります。
着こなしに工夫をすることが大切です。

既婚でも若い場合

振り袖は、「未婚女性の第一礼装」とされています。
なので既婚の場合は、やはり振り袖を着ることには問題があると思います。

といっても、いきなり黒留袖では若い女性には着こなすのは難しいもの。
華やかな色の訪問着などを選ぶのがいいのではないかと思います。

30歳を過ぎての振り袖の着こなしポイント

成人式の時の振り袖は、赤や濃いピンクなど派手な色を選ぶことが多いと思います。
でもそれは30歳を過ぎると派手すぎるので、落ち着いた色合いのものを選びましょう。

袖の長さも、ちょっと短めの中振袖を選べば、落ち着いた印象です。

帯も成人式の際などよりも、低めの位置に締めるのがコツ。
文庫やお太鼓などシンプルな結び方にすると上品です。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る