自宅査定をしてもらえるショップがやはりおすすめ

自宅査定をしてもらえるショップがやはりおすすめ

着物買い取りショップの見積もり査定の方法は、大きく分けて3つあります。

  • 出張査定
  • 買取ショップの査定員が自宅へ来て、その場で査定してくれる

  • 宅配便による査定
  • 売りたい着物を宅配便で送り、ショップで査定してもらう

  • 店舗による査定
  • リサイクルショップなどの着物買取に対応しているお店へ自分で出向き、査定をしてもらう

どの査定方法もメリットとデメリットがありますが、やはり出張査定をしてくれる業者が、圧倒的におすすめです。

出張査定のメリットは?

手間がかからない

出張査定のメリットは、まずは何より、買取ショップの店舗まで行ったり、宅配便で送ったりする手間がかからず、面倒なことがないことです。

宅配便も、店舗へ行くよりは手軽ですが、それでも宅配便を送ったり、もし料金に納得できない場合には、送り返してきた宅配便を受け取ったり、開梱したりと手間がかかります。

出張査定なら、査定員が自宅へ来てくれますから、極端なことを言えば、着物が入っているタンスのある所まで来てもらい、そこで査定してもらうこともできるため、手間がまったくといっていいほどかかりません。

査定理由を詳しく聞ける

出張査定なら、査定員が目の前で査定をしてくれますので、買取り価格がその値段になった理由を、詳しく聞くことができます。

「もっと高く売れると思ったのにどうして?」などという場合にも、例えば、「ここにこれこれの汚れがあるから」など、その場で説明してもらえます。

ところが、宅配便で送って査定してもらう場合は、そういう細かいことを、なかなか聞くことができません。
そうなると、買取り価格に納得することが、なかなか難しくなると思います。

買取代金をその場で支払いしてもらえる

買取り価格に納得し、着物を売ることに決めた場合、出張査定なら、買取代金をその場で支払いしてもらえます。

これは大きなメリットだといえると思います。

宅配便だと、それが届くまでに時間がかかり、さらに代金は銀行振込になりますから、振り込まれるまでには数日がかかると思います。

特に着物を急いで売りたい場合にも、出張査定はとてもおすすめです。

出張査定がしてもらえない地域もある

ただし出張査定は、業者にもよりますが、地域によってしてもらえない場合もあります。

出張査定をするためにはは、査定員をその地域に張り付けなければなりませんから、買取ショップにかなりの努力が必要になるからです。

ですからもし自分が住んでいる地域が、出張査定の該当エリアから外れている場合には、出張査定は諦めなければならないかもしれません。

でも宅配便での査定も、わざわざ店舗まで行くことを考えれば、面倒が少ないでしょう。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る