男性の着物や袴って買取してくれるの?

男性の着物や袴って買取してくれるの?

男性の着物は、女性の着物とくらべれば着る人は少なく、着物買取店のなかには男性着物を買取対象外としているところもあります。

しかし、ネットの買取ショップなどでは、男性の着物も取り扱いをするところが多いです。

男性用の着物で高価買取されるものは?

男性の着物で高価買取りされるのは、やはりまず着物自体の価値が高いものです。
大島紬や結城紬などの高級呉服は、男性用として誂えられているものも多く、買取価格も高いです。

また黒紋付の羽織袴は、男性の第一礼装です。
これは需要が多いため、それに応じて買取価格も十分期待できるものになります。

黒紋付にかぎらず、紋付の着物は男性の礼装・または準礼装として着用できます。
やはり需要が多いため、買取価格は高額です。

ほかにも小紋は、男性用の着物としても人気です。
普段用の着物ですから改まった場には着られませんが、オシャレ着物としての需要があり、買取価格も高いです。

特に重要無形文化財としても指定されている江戸小紋は、満足できる買取価格になるはずです。

買取業者に着物の査定依頼をする際には、かならず証紙をつけましょう。
証紙があるとないとでは、買取価格は大幅に変わります。

おすすめの買取ショップは?

着物の買取を依頼するなら出張型のネットショップがおすすめ

着物の買取は、従来街の店舗型ショップが取り扱いをしてきました。
ただし店舗型ショップの場合は、着物をショップまで持ち込まなければなりませんから、その分の手間がかかります。

また現在では、着物買取を取り扱うネットショップも増えています。
でもネットショップも多くの場合、査定を依頼する着物を宅配便で送らなくてはなりませんから、やはり、けっこうな手間になりますね。

その点でおすすめなのは、「無店舗出張型」のネットショップです。
これは公式サイトから査定依頼をするだけで、査定員が自宅まで来て、査定をするシステムです。

着物をショップまで持ち込んだり、宅配便で送ったりする手間は、全くかかりません。

また無店舗出張型ショップの特徴は、買取代金の支払いが早いのも特徴です。
買取代金に満足すれば、その場で現金での支払いとなります。

無店舗出張型・着物買取ショップの最大手は、「バイセル (旧:スピード買取.jp)」です。

スピード買取.jp

バイセル (旧:スピード買取.jp)の公式サイトへ


バイセルの特徴

特徴1 買取対応エリアは日本全国

バイセルは、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国・各都道府県の都市に、査定員を配置しています。
そのため日本全国どこからでも、出張買取を依頼できます。

※一部地域は出張査定が難しい場合があります。詳しくは公式サイトのお電話にてご確認ください。

特徴2 対応が早い

バイセルでは、土日祝を含め365日・24時間受付をしているため対応が早いです。

顧客からの問合せ・申込を受け付けるコールセンターと、各都道府県に配置された査定員を、ダイレクトにつなげる独自システムを導入しています。

このシステムのおかげで、申し込みを受けてから出張査定までの時間を、短縮することができます。

特徴3 査定時間も短い

着物の査定は、高度な知識と経験を要するものです。
バイセルでは、査定員は毎日勉強会をおこない、着物の査定スキルを高める努力をしています。
そのため査定時間も、他のショップと比べて短いことが特徴です。

バイセルの買取の流れ

STEP1 公式サイトから査定依頼

まずはバイセル公式サイトの申し込みフォームより、査定の申込をします。
これは24時間受け付けをしています。

STEP2 オペレーターとの電話で詳細を相談

査定の申込をすると、9時〜21時の営業時間内に担当オペレーターから電話で連絡があります。
そこで査定を依頼したい着物の内容や出張査定の日時など、詳細を相談します。

STEP3 出張査定

査定を希望した日時に、査定員が自宅まで出張します。
査定員は、買取希望の着物を無料で査定します。

STEP4 代金支払い

査定員が提示した査定金額が満足なら、売買契約書にサインします。
買取代金はその場で現金での支払いとなり、商品もその場で引き取りとなります。

バイセル (旧:スピード買取.jp)の公式サイトへ

男性用の着物や袴の処分に困ったらネットで無料査定

着物を買い取りしてもらいたいとなった時、古着屋に売ることはできないので、どこに出せば買い取りしてくれるのか迷うものです。

このようなネットで買い取りしてくれるサービスが出てきたことで、そのような悩みは解消されました。

ご紹介した買取サービスの査定は無料ですので、着物買取で迷っている方は、気軽に利用してみましょう。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る