着物を着たあとのお手入れ方法

着物を着たあとのお手入れ方法

着物は、お手入れをきちんとし、ていねいに保管することが、長く着続けるための秘訣です。

お手入れをきちんとしさえすれば、着物は何十年という期間、着ることができます。

洋服と比べ、やはり多少の手間はかかることになりますが、「これも楽しみ」と思い、ていねいにお手入れしてあげましょう。

着物を着た後のお手入れ方法

風を通す

着た後の着物は、体温で温かくなり、また湿気も含んでいます。
そのまますぐにタンスにしまうと、カビや黄ばみを作ってしまうことになります。

ですから着物を着たら、その後は着物用のハンガーにかけ、一晩つるして風を通します。

もし一晩の時間が無いようなら、風通しの良い部屋で、最低2時間は風を通すようにします。
またこのとき、帯や長襦袢も同じように風を通します。

ホコリを落とす

風を通した後、乾いたきれいなタオルを使い、ホコリを落とします。
このとき、擦るのではなく、サッと払うようにするのがポイントです。

泊や刺繍がある部分は、特にていねいに扱いましょう。
擦ってしまうと、それらが傷む原因になります。

しみと汚れをチェックする

着物を着ると、しみや汚れが付くことがあります。
これがないかどうか、全体をくまなくチェックしましょう。

衿や袖口、前身頃、腰、裾周りなどのところが、しみが付きやすい場所です。
念入りに確認し、もししみや汚れを見つけたら、糸で印をつけて、原因をメモ書きしておきましょう。

汗などのしみは、水で固く絞ったタオルで拭けば取れることもあります。
ただしその場合にも、絶対に擦ってはいけません。

しつこい汚れは、ティッシュペーパー等を重ねて置いて、できるだけ早く専門店へ相談し、処置してもらうのがおすすめです。

半衿を外して洗う

半衿を外し、ぬるま湯に中性洗剤を溶かしたところにつけておき、叩くようにして洗います。
そのあとタオルで水気を取り、陰干しして、アイロンを掛けます。

ただし絹は縮みますので、スチームは使わないようにしましょ。

アイロンを掛ける

シワができていることがあると思います。
これには、アイロンを掛けます。

アイロンは、あて布を当てるようにしましょう。
軽く押さえる程度に、手早くかけるようにしましょう。

着物を汚してしまった場合の応急処置の方法は?

着物を汚してしまった場合、一番いけないのは擦ることです。
擦ってしまうと、汚れが他の場所に広がることがあるからです。

まずは適切な応急処置をして、そのあとは専門店に処置してもらいます。
応急処置の仕方は次の通りです。

お茶、紅茶、汁物、お酒など

裏に乾いたタオルを当て、表から水を含ませたハンカチなどで叩きとります。

料理の油ジミ

乾いたハンカチでしみの広がりを押さえます。

ソース、しょうゆ、果汁、墨、マジックインキなど

何もせず、すぐに専門店に相談しましょう。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る