に志田の着物や帯の買取価格相場と特徴

に志田は1941年に創業した老舗呉服屋さんです。手描き友禅や京刺繍を基本に、オリジナル京呉服を作っています。

着物の本場、京都でも有名な呉服屋さんで花街の芸妓さん、舞妓さんにも愛されています。

ここではに志田の着物の買取相場や特徴についてまとめています。

高級な着物なので、売却の際は予備知識を身に付けて、損をしてしまわないようにしましょう。

に志田の着物や帯について

に志田の着物は京都を代表する高級和服です。

正倉院文様、能装束、季節の草花をモチーフにした作品が多く、上品で美しい仕上がりとなっています。

では買取相場や作品の詳しい特賞を見ていきましょう。

買取価格相場

に志田の買取相場は3万円前後と言われています。

に志田の作品と言っても、振袖、留袖、訪問着、小紋、紬など、色々な種類があり、それぞれ価値が違ってくるので、相場はあくまで参考です。

オークションでは、単衣小紋が37,800円、高級付け下げが58,000円で落札されています。

ネットオークションは、買取業者よりも高く売却できることもありますが、取引をすべて自分でしなければならず、手続きも面倒なので、業者にお任せする方が安全です。

特徴

に志田の着物は日本古来の美しさを表現しています。

伝統技術である京友禅や京刺繍を取り入れるだけでなく、デザインや染などにもこだわり、色鮮やかで美しい作品です。

現在でも展示会を頻繁に行っていて、多くの着物愛好家が訪れるほど人気。

一人一人の要望に合わせて、ピッタリの作品を選び出してくれるので、お気に入りの一枚がきっと見つかります。

高級着物をもっと多くの人に着てもらいたいと、積み立てプランも用意されています。

毎月一定額の積み立てをし、一年後にサービスを加算して商品と交換してくれるというプランで、無理なく手軽に高級着物を手に入れることもできます。

まとめ

に志田の着物を売却する場合、着物の知識に長けた専門業者を利用することがおすすめです。

オークションでも売却はできますが、成約実績は少なく、買い手が見つからないという事も多いようです。

着物の需要が減ってきている現代で、都合よく良い買い手に恵まれる可能性は低いので、きちんと買取業者にお願いした方が確実に売却できます。

宅配買取や出張買取を取り扱っている業者なら、自宅に居ながら売却することもできます。

持ち運びが難しい場合や、近くに買取業者がない場合でも安心なのでおすすめです。

ページの先頭へ戻る