銀座きしやの着物や帯の買取価格相場と特徴

銀座きしやは銀座に本店を構える老舗呉服店です。大正13年に創業し、きしやオリジナルの着物を作り続けています。

本物にこだわった美しい柄が特徴的で、各界の著名人にも愛される人気ブランドです。皇后美智子さまも好んで召されていることでも有名です。

ここでは銀座きしやの買取相場や特徴についてまとめてみました。これから銀座きしやの着物を売却するという人は、ぜひ参考にしてみてください。

銀座きしやの着物や帯について

銀座きしやの着物を売却するときは、まず買取相場を調べておくと便利です。査定額が適正かどうかを見極める判断材料になり、損をしてしまう可能性も低くなります。

買取価格相場

銀座きしやの買取相場は1〜3万円程度です。高級老舗呉服店の着物なのに安いという印象を受けるかもしれませんが、これはあくまで目安。

きしやの着物と言っても色々な種類があります。創業当初に作られた「きしや好み」と呼ばれる作品は、高級友禅と並ぶほど本格的な仕上がりでとても価値が高くなります。

こういった価値の高いきしや好みであれば、買取額は一気に高くなりますが、一般的な作品の場合は1〜3万円程度になります。

オークションでも1〜3万円程度で落札されている作品がほとんどですが、中には20万円以上の値が付いた作品もあります。

特徴

銀座きしやは、優しい色合いと美しい柄が特徴的です。クリーム色や藤色などの淡い色に、白や桃色の花柄などを施し、上質で品のある仕上がりで、清楚で美しい大和撫子を思わせます。

草花をモチーフにした柄が多く、季節に合わせて描かれる草花や色合い、雰囲気などが変えられています。御慶事やお呼ばれなどにピッタリの作品が数多く取り扱われています。

訪問着や袋帯、名古屋帯など、一点一点すべて手作業で作られる手描き友禅で、伝統芸能文芸界や皇室で長く愛顧されている、格式の高い着物ブランドです。

まとめ

銀座きしやの着物を売却する場合は、着物の価値がきちんとわかる専門業者がおすすめです。きしやの着物は、一点一点価値が全く違い、安価で取引されるものと高額で取引されるものの差が激しいのが特徴です。

本来の価値をきちんと見極めて査定してもらうためには、着物に詳しい査定員が必須条件。着物買取に特化した専門業者に任せるのが一番安心です。

宅配買取や出張買取を展開している業者もたくさんあるので、近場で着物専門業者がいなくても大丈夫です。うまく活用していきましょう。

ページの先頭へ戻る