リサイクルショップや古着屋は避けよう

リサイクルショップや古着屋は避けよう

着物を買取りするショップとして、リサイクルショップや古着屋も、選択肢に入ってくると思います。

でもリサイクルショップや古着屋は、着物専門の査定士がいないことが多いため、避けるようにするのがオススメです。

リサイクルショップや古着屋も着物を買い取る

リサイクルショップや古着屋は、街で見かけることが多いのではないでしょうか?
多分、入って何かを買ったり、また何かを売ったりしたことがある人もいると思います。

リサイクルショップや古着屋に入ったことがある人なら、それらが着物も取り扱いをすることを、知っていると思います。

家の近くにリサイクルショップがある場合には、
「そこで買い取りしてもらったらどうだろう?」
と思う人もいるかもしれません。

でも、リサイクルショップで着物を売るのは、あまりオススメできません。
買取り価格が、とても安くなってしまう可能性があります。

リサイクルショップには着物専門の鑑定士がいない

リサイクルショップは、取り扱っている品物は多岐にわたります。
家電製品からファッション、雑貨、宝石貴金属などなど、売れるものは何でも扱うわけですね。

それなのに、リサイクルショップの店員は、一人か二人ではないでしょか?
その店員が、もし着物を持ち込んだ際には、着物の買取り価格を査定することになるわけです。

着物は、種類も多いですし、また市場でどのようなものが人気なのかも、日々情報を入手する必要があります。
保存状態によっても、価値は大きく変わってきます。

ですから着物を鑑定するためには、どうしても、専門知識が必要になってきます。

リサイクルショップの店員には、そのような知識がありませんから、着物の本当の価値がわからず、「古着」扱いをされて二束三文で買い叩かれてしまいがちなんですね。

着物はやはり、着物専門の買取ショップで売却する必要があります。

そうでなければ、納得がいく価格では、売ることができないと思います。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る