久保耕の着物や帯の買取価格相場と特徴

久保耕は創業60年以上の老舗着物メーカーです。久保港の歴史は創業者の久保耕太郎が、京都で染匠として京友禅を極めたことから始まります。

伝統的な京友禅を活かしながら、ワンランク上の上質な着物を手掛け、多くの着物ファンの憧れとなるブランドです。

特に久美すがたは、白生地の吟味、染、友禅、金加工、刺繍などすべての工程を熟練の職人が手掛け、贅の極みを尽くした高級着物。誰もが一度は袖を通してみたいと願っています。

久保耕の着物を売却する前に、まずは買取相場や特徴について調べておきましょう。

久保耕の着物や帯について

久保耕の久美すがたは、誰もが憧れる高級着物。需要も多く中古品でも高額で取引されています。

では買取相場や特徴を見ていきましょう。

買取価格相場

久保耕の買取相場は3万円程度です。ただし、これはあくまで目安で、久保耕の着物にも色々な種類があるので、もっと高額で買取してもらえる場合もあります。

特に久美すがたは、高級着物として有名なので、証書付きであればかなりの高額査定が期待できます。

オークションでは、3万円〜10万円程度で落札されていて、買取相場より高く売れている場合もあります。

ただし着物のオークションは、後のトラブルに繋がる危険性もあるので、安全性の高い買取業者を利用する方がおすすめです。

特徴

久保耕の特徴は、色鮮やかな京友禅を、さらに上質に仕上げてあるという点です。

染めの段階から刺繍まで、すべての工程を手作業で行い、世界に一つしかない価値の高い着物を作り出しています。

きらびやかな金糸を使った作品が多く、成人式や結婚式など晴れの舞台で活躍する美しい着物が魅力的です。

鮮やかな色使いと芸術性の高いデザインで、京都府知事賞をはじめ幾多の賞を受賞している、正統派着物ブランドです。

まとめ

久保耕の着物は、価値の高い作品がたくさんあります。できるだけ高く売却するためには、証紙を忘れずに提出するというところがポイントです。

久保耕の作品にはいくつもの証紙が貼られています。証紙がある状態であれば、品質が保証されて高額買取してもらいやすくなります。

さらに、着物の価値をきちんと評価してくれる業者選びも大切です。着物に詳しく買取実績も豊富な専門業者を探し出して査定してもらいましょう。

査定だけなら無料の業者も多いので、複数の業者に査定を依頼して、高額買取してくれる業者を探すのも一つの手です。

ページの先頭へ戻る