「しょうざん」の着物や帯の買取価格相場と特徴

しょうざんは、1948年に創業した着物メーカーです。生紬と呼ばれる独自の着物を開発し、登録商標としています。そのため、生紬はしょうざんでしか作られておらず、非常に希少価値の高い着物として有名です。

しょうざんの生紬を売却する際は、あらかじめおよその買取相場を知っておくことが大切です。その理由は査定してもらった時の指針となり、損をする可能性が低くなるためです。

ここでは、しょうざんの買取相場や特徴についてまとめてみました。

しょうざんの着物や帯について

しょうざんは、生紬で有名な着物メーカーですが、現在はしょうざんリゾートとして、京都の人気観光地としても有名です。

広大な敷地の日本庭園で、様々な工芸品を見て回ることができます。そしてその一角に、生紬が作られている工房が佇んでいます。

では買取相場と特徴について見ていきましょう。

買取価格相場

しょうざんの買取相場は5万円前後と言われています。

生紬でも色々なランクがあるので、もっと高額で買取してもらえる場合もありますが、目安としてはこのくらいです。

オークションでは、5万円〜15万円で落札されています。

落札額に幅があるのは、着物の価値が違うという事もありますが、買い手に恵まれるかどうかという運要素もあります。

たまたま欲しがっている人の目に留まれば値段は上がっていきますが、目に留まらなければ安値で落札されてしまうこともしばしば。

売却額に差が出てしまうオークションよりも、適正価格で買取してくれる買取業者の方が安心して売却できます。

特徴

しょうざんの特徴と言えば、やはりオリジナルの生紬です。

生紬は生糸を使って作られた着物のことで、素朴な見た目と優しい肌触りが特徴的です。

蚕の繭から取られた生糸を精錬してセリシンを取り除いた糸が絹糸なのですが、生紬ではあえてセリシンを残した状態で紡いでいきます。

セリシンを残すことで、繭そのものの自然の風合いが楽しめ、肌触りも良くて着心地の良い仕上がりとなるのです。

淡く優しい色合いのデザインが多く、訪問着として幅広い年代で好まれる生紬は、需要も高く、着物好きにはたまらない作品です。

まとめ

しょうざんの生紬を売却したいなら、着物の査定に信頼のおける専門業者に任せることがおすすめです。

生紬は作品によって価値が大きく違ってきます。きちんと査定してもらわないと、本来の価値より低い値段で買取されてしまう可能性もあります。

大切な着物を安価で売却してしまうのは、とてももったいない事なので、きちんと適正な査定を行ってくれる業者を探しましょう。

宅配買取や出張買取を無料で行ってくれる業者であれば、複数の業者の査定を受けることもできるので、有効活用していきましょう。

ページの先頭へ戻る