男性の袴の着付け方法と頼んだ場合の料金について

男性の袴の着付け方法と頼んだ場合の料金について

男性で着物を着ている人は女性と比べ、それほど多くありません。

女性の場合だと、着物を変に着ているとおかしく思われたりすることもあります。
でも男性なら、その心配はありません。

「それらしく見えればOK」ですので、着物の着付けにも臆せずチャレンジしてみましょう。

ここでは男性の袴の着付け方と、着付けを頼んだ場合の料金についてまとめました。

袴の着付け方

STEP1 袴を履く

袴は前部分と後ろ部分とに分かれています。
前後を間違えないようにしましょう。

袴に足を通し、袴の前部分を帯の上辺の位置に合わせます。
これが基本の位置決めとなりますので、慎重に行います。

STEP2 前紐を結ぶ

袴の前部分の位置を動かさないように気をつけながら、前紐を左右に出して持ち、後ろにまわします。
前紐は、帯の結び目で交差ささせるようにして、前側にまわします。

前に持ってきた紐のうち、右側の紐をさらに巻き、左の脇腹のところまで持ってきます。
この紐を左側の紐に乗せ、少しきつめに引っ張ります。

下になった左側の紐を上に折り返し、左右にややきつめに引きます。
紐を背中にまわしたら、後ろできつめに結びます。

STEP3 後ろ紐を結ぶ

袴の後ろ部分は、ヘラがついています。
これを帯と着物のあいだに差し込みます。

左右の紐を前方下部にやや強めに引き、前方で交差させたら前紐の下をくぐらせます。
2本の紐のうち上側にある紐を折り返し、もう一方の紐を上に上げます。

紐の下を一度通して下に下げ、折り返した紐を10センチほどたたみます。
たたんだ紐を結び目の上におけば、袴の着付けは完成です。

袴の着付けを頼んだ場合の料金は?

男性の場合、着物を自分で着付けてちょっとくらいおかしくなっても、他の人はまず気が付きません。
なので臆せずどんどん自分で着付けているうちに、着付けの仕方はうまくなります。

ただし自分で着付けた場合には、どうしても着崩れしやすいのが難点です。
またプロに着付けてもらえば、勉強になることも多いはず。

男性の袴の着付けをプロに頼んだ場合、料金の相場は4,000円〜7,000円くらいです。
美容院や個人の着付け師、袴の販売店やレンタル店などで対応してくれます。

イベントのために袴を着る場合、イベント会場の近くで着付けをしてもらうのがおすすめです。

会場から遠いところで着付けをすると、会場までなれない着物姿で歩くので気疲れしてしまったり、着崩れしてしまったりすることがあるからです。

着付けの時間は、着付け師に頼むと30分くらいです。
ただし着物はふだん着慣れないものですから、イベントなどの場合は余裕を持って準備しましょう。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る