【着物に合う髪色】茶髪の人におすすめの振袖の色と髪型

【着物に合う髪色】茶髪の人におすすめの振袖の色と髪型

この記事では、自分の髪色に合った振袖の色選びのポイントを解説しています。

着物といえば黒髪ですが、最近の成人式や学校の卒業式では茶髪の女性の振袖姿をよく見かけるようになりました。

しかし、髪の毛の色と振袖の色が合っていないと台無しです。
自分に髪色に合う振袖の色をチェックしておき、素敵な着物姿にしてください。

髪色とそれに似合う振袖の色

「和服には黒髪が一番よく似合う」と言われます。
たしかに日本人は、もともと黒髪。
着物は日本人の黒髪に合うように作られてきました。

ですから古典的な色柄の着物・振袖には、黒髪がよく似合います。

でも着物の色柄は、現在では古典的なもの以外にも、新たなものがさまざまに登場してきています。
そのような色柄には、かならずしも「黒髪が一番よく似合う」とはいえません。

なので大切なのは、自分の髪色と着物の色とをうまく合わせるようにすることです。
そうすれば、茶髪や金髪でも、着物姿がよく似合うようになります。

明るい茶髪や金髪

「明るい茶髪や金髪は着物に合わない」と言われることがありますが、そのようなことはまったくありません。
明るい茶髪や金髪は、モダン系の原色の濃い色の着物がよく合います。

通常なら濃い色の着物は重たくなりがちなもの。
でも明るい茶髪や金髪なら、重くならずに着こなせて、非常に個性的になります。

黒髪

黒髪は、古典的な色柄の着物によく合います。
なので自分が着たい着物が古典的な色柄ならば、髪は黒髪にするのがおすすめです。

黒髪に特に合うのは、深緑や青などシックな色合いの着物です。
肌の白さが際立って、黒髪のツヤもいっそう映えます。

ただしあまり柄の入っていない着物の場合、黒髪だとちょっと重い印象になることがあります。
色彩の豊かなものを選ぶのが、黒髪の場合はおすすめです。

最近では、黒髪の女性はむしろ少数派となっています。
なので逆に、個性的な着こなしをすることができると思います。

ダークブラウン

髪色をダークブラウンにしている人が、最近では一番多いのではないでしょうか。

ダークブラウンは、むしろ黒髪より、どんな色柄にも合わせやすいです。
髪色との相性は考えず、自分の好きな色柄の着物を選ぶのでOKです。

ただこの場合も逆にいえば、ダークブラウンは個性を出しにくいとはいえます。

アッシュヘア

アッシュヘアはかる者が持ち味。
そのため、ピンクやレモンイエロー、薄いグリーンなどの淡いパステル系の色の着物がおすすめです。

一方アッシュヘアは髪色が明るい分、普通は重くなって着こなしにくい、黒や濃い色の着物でも、軽やかに着こなすことができます。

もしピンクブラウンやアッシュパープルなど特定の色が入っている場合には、着物にも同系色のものを選ぶのがおすすめです。

髪色が明るい人におすすめの髪型

黒髪やダークブラウン以外の髪色を振り袖に合わせる場合、髪型にも工夫をこらすと、より個性的な着こなしとなります。
どんな髪型がいいのでしょうか?

編み込み

現在の一番人気は、編み込みです。
サイドを編み込みにして、全体をルーズにまとめるようにします。

編み込みは、髪型としてはオーソドックスですが、かなりちゃんとしたアクセントになるものです。
髪飾りとの相性もとてもいいです。

ガーリースタイル

ガーリースタイルはボリューム感が出るので、振袖との相性はとてもいいです。
ふわふわのカールをハーフアップし、大きな髪飾りをつけてみるなどはおすすめです。

お団子

お団子は、着物を着る際の髪型の定番です。
若々しい印象になります。

ロング

あえて和風のまとめ髪にせず、ツインテールなどのダウンスタイルに。
個性的な印象をアピールできます。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る