ざざんざ織の着物や帯の買取価格相場と特徴

ざざんざ織は平松實が創作した絹織物の一種です。見た目はざっくりして使い始めはごわつきますが、使っていくうちにふんわり柔らかくなり、味が出てくるのが特徴です。

糸を紡いで、染めて、織って、一つ一つの作業をすべて職人が手作業で行うため、繊細で上質な織物です。ざざんざ織の着物は価値が高く、中古でも高額で取引されています。

ざざんざ織の着物を売却する場合は、事前に買取相場や特徴などについて詳しく調べておくことがおすすめです。

ざざんざ織について

ざざんざ織を売却するときは、買取相場を知っていないと損してしまう可能性があります。事前に買取相場をしっかりと調べておきましょう。

買取価格相場

ざざんざ織の買取相場は1~2万円前後と言われています。伝統工芸品なのに安く感じてしまいますよね。その理由は、あまり需要がないという事と、きちんと査定を行える人が少ないという理由です。

ざざんざ織はフォーマルなシーンに合わせるのではなく、普段着使いとして人気の着物です。最近では普段着で着物を着るという人が少なくなり、需要が下がってしまっています。

さらに、一点一点価値に大きな差があるため、きちんとした査定眼を持っている査定員でないと、価値がわからず安価で買取されてしまう可能性も高いのです。

オークションでは、3~4万円で落札されています。中には18万円という高額で出品されているものもあり、買取業者より高値で売れる可能性は高くなります。

ただし、その分取引はすべて自分で行わなければならず、手数料や送料なども必要となります。取引時のトラブルも起こり得るので、安心して売却するためには買取業者に頼むのが一番です。

特徴

ざざんざ織は松風を表した「ざざんざ」という言葉から取られた織物です。松の風が揺れてざわざわと音が鳴ったことを、足利義教がざざんざと詠んだことから始まりました。

ざざんざ織の糸は2匹の蚕が作り出す玉繭から、大量生産できない玉糸を紡ぎ出し、手間のかかる草木染で染め上げて作り出されます。それを手織りで一つ一つ丁寧に織り上げて作られます。

とても手間のかかる工程ですが、その分温かみがあり、丈夫で色あせしないしなやかな着物が出来上がります。

まとめ

ざざんざ織は、価値を見極めるのが難しい伝統工芸です。知識も経験もない査定員に査定されてしまうと、せっかくの価値が台無しになってしまう恐れもあります。

きちんと価値を理解してもらうためにも、着物の専門知識が豊富な着物専門業者に任せておきましょう。

また、インターネットで全国的に取引している業者の方が、地元の店舗だけで取引している業者よりも、需要の問題をカバーしやすくなるのでおすすめです。

ページの先頭へ戻る