辻が花の買取価格と歴史や特徴について

辻が花とは模様染めの一種で、絞染を主として花鳥などを描いたものです。室町時代に発祥し、江戸時代には耐えてしまった技法ですが、久保田一竹によって再現され、現在では一竹辻が花として受け継がれています。

辻が花はとても希少価値が高く、着物の中でも高額で取引されている作品の一つです。久保田一竹の作品であれば販売額は100万円は下らない高価な作品ばかりで、中古品でも高値で取引されています。

辻が花を売却したいと思ったら、まずは買取相場を調べましょう。価値の高い着物なので、査定額が妥当かどうか判断するために、相場を知ることは大切です。

辻が花について

辻が花の特徴や買取相場についてまとめてみました。売却の際はこういった予備知識を持ち、適正な価格で買い取ってもらえるようにしましょう。

買取価格相場

辻が花の買取相場は3万円~30万円と非常に幅が広くなります。その理由は有名作家物であるかどうかという違いにあります。

例えば久保田一竹の作品であれば、かなりの高値で買取してもらえます。作品の種類にもよりますが、高いものでは100万円という高額も期待できます。

一方で、同じ辻が花でも無名作家の作品は、そこまで高額にはなりません。安いものでは3万円前後、高くても8万円程度となります。とはいえ、辻が花であることには変わりがないので、ノーブランドの着物とは比べると高額買取してもらえます。

オークションでの販売価格も、買取業者の相場とあまり変わらず、3万円~30万円が相場となります。中には100万円で取引されたという実績もありますが、ごくまれなケースです。

特徴

辻が花の特徴は、何と言っても華麗な模様にあります。色鮮やかな絞染と刺繍、摺り泊などを組み合わせ、豪華で見ごたえのある作品が多くあります。

訪問着としてだけでなく、成人式などの晴れの舞台でも人気が高く、若者からも支持されている人気の着物です。特に一竹辻が花は着物ファンからの指示が高く、一度は着てみたいと願う人も少なくありません。

まとめ

辻が花は着物の中でも高いブランド力を誇ります。日本国内はもちろん、世界中の知名度も高く、需要も多いので買取業者も力を入れるブランドです。

特に人間国宝である久保田一竹の作品は価値が高く、高額買取してもらえることは間違いありません。

ただし、着物の価値をわかっていない業者では適正な査定を行えない場合もあります。せっかくの辻が花を無駄にしてしまわないためにも、着物の専門業者に査定をお願いするようにしましょう。

ページの先頭へ戻る