龍村美術織物の着物や帯の買取価格相場と特徴

着物や帯を大切にするあまり、手放せないまま収納する場所に困っている人が多いです。
特に高い金額であつらえた物であったりすると、さらに処分が難しくなりますね。

着物は高級品なので着物が趣味という人はまだまだ少ないです。
もし不要になった着物や帯を持っているなら、次の世代のために売りに出すのも良いかもしれません。

こちらでは古代裂の復元と創作で有名な、龍村美術織物の着物や帯についてをまとめています。
着物通であれば知らない人はいないと言われる高価なブランドですね。

龍村美術織物の着物や帯について

新幹線に乗った経験がある人なら、特徴的なシートの柄に注目したことがあると思います。
あれは龍村美術織物の代表的な作品の一つです。

龍村美術織物と言えば古代裂復元と創作の代名詞でもあり、歴史的建造物に使用される裂地、「納采の議」の絹織物の謹織、正倉院宝物である琵琶袋「大宝相華唐草文様」や、京都国立迎賓館大会議場のタペストリーの復元など、数々の偉業を成し遂げています。

買取価格相場

一般的に龍村美術織物は着物よりも帯が認知されています。
他にはテーブルセンター、茶道具、バッグ、財布などの小物が人気が高いでしょう。

手織りの帯は年間10本程度しか作られないという幻の品です。
80万~100万円以上にもなります。

かつて、文豪芥川龍之介も初代の龍村平藏の作品の世界を絶賛しました。
初代が携わった帯を持っていれば家宝と称する人も多く、大変希少価値のある品です。
手放す人もそうそう現れないでしょう。

テレビの鑑定番組では、初代の丸帯は1000万円の鑑定結果が出たこともあります。
技の全てを集結させた帯で「縫い取り」を始め、あらゆる技巧を詰め込んで織られました。
3センチ織るのに1日かかったとされるので、どれほど長い時間をかけて織られたものか、想像を絶しますね。

このように初代が携わった帯に関しては、買取相場は未知数であると言えます。

現在は4代目が襲名しており、百貨店や龍村美術織物のオンラインショップなどで新品が購入できる他、中古品も数多く流通しています。

中古品の袋帯は12万~20万円、名古屋帯は1万~3万円が相場で扱われているようです。

着物や帯は中古品を売りに出した場合、10分の1程度の価格になるのが一般的で、売値を聞いて肩を落とす人が多いでしょう。

ただ例外があります。

それは有名な産地の品や、作家作品、伝統工芸品など数が少なく貴重品とされている物で、新品に近い状態ほど価値が高まるでしょう。

龍村美術織物の帯を持っていたら、まずはどの代が作ったものか確認して下さい。
もし初代の龍村平藏が携わった帯なら、間違いなく貴重品になります。
垂れの裏に、右から「龍村平藏」の文字が刻まれているので、それが目安になるでしょう。

しかし質屋、オークション、リサイクルショップに持っていても、その価値が分かるかどうか疑問です。
適正価格が付けられずきちんと査定できないかもしれません。

少し面倒ですが着物や帯の専門知識を持つ目利きのきく鑑定士を探して、適切な評価を受けましょう。

特徴

龍村美術織物は明治27年に創業、今日まで名物裂など古代織物の研究と復元を重ねてきました。
初代龍村平藏は復元の第一人者とも言われ、近代染織史に大きく名を残した人物です。

思考を重ねた結果、織物は経糸と緯糸と美で成り立っているという考えに到達し、和も洋も併せ持った斬新かつ独特な文様を生み出したのです。

その仕事ぶりは世界でも絶賛されています。

復元は原料の知識と分析力、巧みな技術力が伴わなければできない仕事です。
何年もかけ、文様やデザイン、色や染料を研究し解明する作業を繰り返します。

苦労を重ねて復元するだけでなく、独自の美的エッセンスと鮮やかな色味を加えていることが龍村美術織物の特徴でしょう。

長い年月を経て蘇った織物を見ると、着物が「着るアート」と海外で絶賛されている理由が分かる気がしますね。
そこはかとなく滲み出る和の世界をこれからも堪能しましょう。

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の買取価格相場
加賀友禅の買取価格相場
吉野間道の買取価格相場
京友禅の買取価格相場
由水十久の買取価格相場
斉藤三才の買取価格相場
丹下雄介の買取価格相場
中村勇二郎の買取価格相場
藤井寛の買取価格相場
小宮康助の買取価格相場
福田喜三郎の買取価格相場
志村ふくみの買取価格相場
誉田屋源兵衛の買取価格相場
栗山吉三郎の買取価格相場
森山虎雄の買取価格相場
羽田登喜男の買取価格相場
柿本市郎の買取価格相場
松井青々の買取価格相場
喜多川平朗の買取価格相場
平良敏子の買取価格相場
千總(ちそう)の買取価格相場
紬屋吉平の買取価格相場
浦野理一の買取価格相場
吉田文之の買取価格相場
久保田一竹の買取価格相場
玉那覇有公の買取価格相場
芹沢_介の買取価格相場
中島秀吉の買取価格相場
江里佐代子の買取価格相場
北村武資の買取価格相場
甲田栄佑の買取価格相場
児玉博の買取価格相場
五嶋敏太郎の買取価格相場
南部芳松の買取価格相場
宗廣力三の買取価格相場
森口華弘の買取価格相場
六谷紀久男の買取価格相場
ページの先頭へ戻る