平良敏子の着物や帯の買取価格相場と特徴

着物には織り方、染め方、素材、色や文様に特徴があり、人それぞれ好みがあると思います。
これだ!というものを見つけた時は胸が震えて、手にとってずっと眺めていたくなるでしょう。
上手に着付けて人に自慢したくもなりますね。

しかし不思議なものでどんなに好みであっても、時間が経てば出番がなくなってしまい、別の着物に夢中になることも多いです。

片付けていては勿体無いので、高く買取りしてくれる専門家に価値を付けてもらうのも良いでしょう。

こちらでは沖縄の喜如嘉で唯一作られている芭蕉布の作家、平良敏子の着物や帯の特徴、相場などを紹介しています。
着物が好きな人はぜひ読まれてくださいね。

平良敏子の着物や帯について

高級織物芭蕉布は伝統工芸が盛んな沖縄でたくさん作られていましたが、現在では平良敏子が身を寄せる、大宜味村喜如嘉が唯一の製作拠点となっています。

芭蕉布は飽きのこない自然な色合いで、風通しがよくサラサラと肌に纏わりつかないため、古くは13世紀から沖縄で夏向けの衣類として重宝されていました。
高温多湿の沖縄地方だからこそ生まれた産物と言えるでしょう。

芭蕉の繊維はとても細く繊細で、出来上がった織物はまるで蝉の羽のごとくうっすら透けています。

ただ喜如嘉の存命する技術者の高齢化が進み、年間生産高は約250反と極端に少ないため、呉服屋等で見かけるのは難しいと言います。

平成12年に人間国宝に認定された平良敏子は、96歳を過ぎても現役で芭蕉布の火を絶やさないよう労を尽しているのです。

買取価格相場

新品の反物はおよそ50万〜280万円、名古屋帯は25万〜70万円が相場です。
喜如嘉芭蕉布の証紙が貼られています。

中古品は市場に出回ることが少なくほとんど見かけることができません。
そのため買取相場もはっきり決まっていないのが現状です。

ただ新品は値段が高くて手が出ないけど、中古品ならば欲しい!と切望する人も少なくないのです。

喜如嘉では芭蕉布の原料の盗難が続出して問題視されているほど、大変貴重な物として扱われています。

非常に価値のある芭蕉布ですが、手放すならば必ず確かな知識と目で査定してくれる業者を探しましょう。
最近では自宅に無料査定してくれる業者も増え、わざわざ出かけずに住むようになりました。

リサイクルショップや質屋は着物以外の物も広く取り扱うため、避けた方が懸命でしょう。
専門知識の必要な、伝統工芸品や有名作家作の着物を正確に査定することは難しいのです。

少しでも高く買取してもらうコツは、伝統工芸品マークや作家を証明する証紙は保管しておくこと、状態が良いことが高価買取の最低条件なので、シミや汚れがつかないように綺麗に畳んでおき、クリーニングに出すなら必ず専門店に依頼することです。

新たに着物を購入するときは偽物をつかまされないように、必ず本物であるか証紙を確認してくださいね。

特徴

芭蕉布は20近くの工程を重ねて一反が出来上がる、およそ500年以上の歴史がある複雑な織物です。

多年草糸芭蕉の木から取れる繊維を細かく割いて、絣結びをして天然染料で染め、精錬、洗い、仕上げまでおよそ半年かかると言われます。

「苧績み(うーうみ)」と呼ばれる糸と糸を繋ぐ作業が出来る職人も減ってしまい、近年やっと世界的にも認められた芭蕉布ですが、後継者育成が大きな問題になっているようです。

芭蕉布は沖縄の女性たちの信念によって育まれました。

大正10年に沖縄で生まれた平良敏子は、第二次世界大戦で女子挺身隊のメンバーでした。
終戦後、焼け野原だった沖縄を後にし倉敷へと渡ります。
倉敷紡績では60名の女性が働き、その際平良敏子の指導を担ったのが外村吉之介氏です。

沖縄に戻った昭和22年から芭蕉布織を始め、戦後の混乱で苦しい生活の中、平良敏子は仲間の女性たちと制作に取り組みました。

弟子たちに支えながら96歳を超えてもなお第一線で作り続けています。
平良敏子の人生は芭蕉布に捧げたと言っても過言ではないでしょう。

繊細で美しく独自の風合いを持つ芭蕉布には、このような長い歴史背景があることを、後世に必ず伝えなければなりませんね。

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の買取価格相場
加賀友禅の買取価格相場
吉野間道の買取価格相場
京友禅の買取価格相場
由水十久の買取価格相場
斉藤三才の買取価格相場
丹下雄介の買取価格相場
中村勇二郎の買取価格相場
藤井寛の買取価格相場
小宮康助の買取価格相場
福田喜三郎の買取価格相場
志村ふくみの買取価格相場
誉田屋源兵衛の買取価格相場
栗山吉三郎の買取価格相場
森山虎雄の買取価格相場
羽田登喜男の買取価格相場
柿本市郎の買取価格相場
松井青々の買取価格相場
喜多川平朗の買取価格相場
千總(ちそう)の買取価格相場
紬屋吉平の買取価格相場
龍村美術織物の買取価格相場
浦野理一の買取価格相場
吉田文之の買取価格相場
久保田一竹の買取価格相場
玉那覇有公の買取価格相場
芹沢_介の買取価格相場
中島秀吉の買取価格相場
江里佐代子の買取価格相場
北村武資の買取価格相場
甲田栄佑の買取価格相場
児玉博の買取価格相場
五嶋敏太郎の買取価格相場
南部芳松の買取価格相場
宗廣力三の買取価格相場
森口華弘の買取価格相場
六谷紀久男の買取価格相場
ページの先頭へ戻る