首里織の買取価格と歴史や特徴について

首里織は首里王府の時代から首里の町で栄えた織物の一つで、王府の貴族、士族専用の格式高い織物です。染から織まですべての工程が手作業で、とても手間暇のかかる織物です。

首里花倉織、首里花織、首里道屯織、首里絣、首里ミンサーなど色々な種類がありますが、中でも首里花倉織や首里道屯織は、王族、貴族専用の高級織物として扱われてきました。

首里織を売却したいと思ったら、まずは買取相場を把握しておくことが大切です。首里織は沖縄古来の織物のため、業者によっては需要が少なく、価値が付かない場合もあるので、必ずチェックしておきましょう。

首里織について

首里織は沖縄の王族や貴族など、くらいの高い人たちに愛された高級織物です。売却する前に、買取相場や特徴をしっかりと調べておきましょう。

買取価格相場

首里織の買取相場は1万円~3万円程度です。首里織と言っても色々な種類があるので、作品によって買取価格は大きく変わってくるようです。

オークションでは平均4万円ほどで出品されていますが、需要が少ないためか、あまり落札はされていません。中には11万円で落札された着物もありますが、レアケースと言えるでしょう。

オークションは、欲しがっている人と巡り合えればいいのですが、タイミングが合わなければ高値では売れません。運任せな部分もあるので、確実に適正価格で買い取ってくれる買取業者に任せる方が安心です。

特徴

首里織は沖縄ならではの天然染料で染められた糸を、様々な模様に織っていく織物です。中でも首里花倉織は最も格式が高く、高級品として扱われています。

夏の衣料としてふさわしく、通気性に優れ、サラッとした着心地が特徴的です。沖縄ならではの色とりどりの染色で、見た目も鮮やかで美しい着物が多くあります。

まとめ

首里織は沖縄の王族のために作られていた高級織物です。価値が高く高値で取引されていますが、需要は多くないため、業者によっては安価になってしまうこともあります。

また、専門知識がない業者に査定をお願いしてしまうと、価値が理解されずに安く買い取られてしまうことも少なくありません。

首里織は、沖縄の織物に詳しい業者や、全国的に広い販売ルートを持っている業者にお願いするのが一番です。適正価格で買取してもらえるように、業者選びは慎重に行いましょう。

ページの先頭へ戻る