リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?

リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?

着物は、新品を購入するのはもちろんいいもの。
でも着物を普段から着ようと思うと、すべてを新品で賄うのは大変です。

そこでおすすめなのが、リサイクル着物。
いくつかの注意点を守るようにすれば、手頃にいい物を手に入れられます。

ここではリサイクル着物の相場と、購入の際の注意点をまとめました。

着物のサイズはどのようなものを選べばいいの?

リサイクル着物の場合、「サイズ」は大きな問題です。
自分のために誂えたものではありませんから、商品のサイズは千差万別。
しかもお店でサイズをいちいち測るわけにもいきません。

これは、裄と身丈が合えば、身幅はそうは気にしなくても大丈夫。
裄のわりに身幅が極端に広いような人は、日本人には少ないからです。

洋服の上から羽織ってみて、腰紐だけでも巻いてみましょう。
「あまりにも合わない」というのでなければ、あとは着付けで何とかなります。

ただし昔の着物は、作業をしやすくするために裄を短めに仕立ててあることも多いです。
フォーマルだと、腕が見えすぎるのは問題ですが、カジュアルなら問題ないと思います。

逆にフォーマルの場合には、むしろ多少大きめのサイズでも問題はありません。

価格の相場はどれくらい?

リサイクル着物で一番不安なのが「価格」だと思います。
適正な価格であるかどうかは、どう判断したらいいのでしょうか?

これはたしかに、リサイクル着物の価格は元の着物の価格から決まりますから、一概に「いくら」とはいえません。
でもまずは、「多少高めでも気に入ったものを買う」ことが大切です。

1万円以下などあまりにも安いものは、「訳あり」であることも多いです。
シミや黄ばみ、ニオイなどがついていることがありますので注意しましょう。

数万円出したとしても、状態のいいものを買った方が、結局は長く着られます。

ただし、シミや黄ばみ、さらにはキズや破れがあっても、場所によることも確か。
着た時に隠れてしまう場所ならば、逆に「お買い得」かもしれません。

激安価格の着物は、ショップの店員に「どうして安いのか」を聞くと、正直に教えてくれると思います。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る