小千谷縮の買取価格と歴史や特徴について

小千谷縮は新潟県小千谷市で生産されている麻織物の一つです。苧麻(ちょま)と呼ばれる植物の繊維を紡いで作られた糸を使い、独特のシボが特徴的です。

肌にべたつかず、水分を吸いやすく乾燥しやすい素材なので、夏の衣料として古くから好まれてきました。歴史は古く、縄文時代にまでさかのぼると言われています。

小千谷縮を売却するにあたって、買取相場や特徴などの基礎知識を身に付けることで、損をせずに適正な価格で売却することができます。

小千谷縮について

小千谷縮の買取相場や特徴などをまとめてみました。買取相場を把握して、査定額が適正かどうかを見極めましょう。

買取価格相場

小千谷縮の買取相場は、およそ2万円前後です。縮の中でも高級品として人気の高い小千谷縮は、買取相場も高めです。ただし状態が良いものが好まれるため、少しでも劣化があると一気に買取価格が下がってしまいます。

オークションでは2~3万円ほどで落札されています。高いものでは6万円にまで値が上がったのものもありますが、オークションの価格は、その時によって変動するので、確実に高額で売れるという保証はありません。

さらに着物は取り扱いの難しい商品です。オークションではトラブルが起こってしまう恐れもあるので、買取業者に任せた方が安心です。

特徴

小千谷縮は、縄文時代から続く歴史の古い伝統工芸です。国の重要無形文化財・ユネスコ無形文化遺産にも認定されていて、高級品として古くから愛用されてきました。

シボと呼ばれる独特のシワがあるというのが最大の特徴で、このシワによって、肌に貼り付くことがなく、サラッとした着心地を実現しています。

夏の普段着としてや、ちょっとした訪問着として活用され、日本国内だけでなく海外からも人気の高い着物となっています。

まとめ

小千谷縮は、縮みの中でも価値が高く高級品です。売却する際はその価値をきちんと理解してくれる業者を探すことが大切です。

着物や伝統工芸について豊富な知識があり、着物の買取実績のある専門業者ならば、小千谷縮の価値もきちんと評価してくれるのでオススメ。

近場に着物専門の買取業者がない場合でも、宅配買取や出張買取などを取り扱っている業者であれば、問題なく売却することができます。

ページの先頭へ戻る