西陣織の買取価格と歴史や特徴について

西陣織は京都で生産される先染の紋織物です。染色した糸を織り合わせて模様を作るため、いくつもの工程が必要となる手間のかかる織物です。

平安時代以前からの古い歴史を持つ伝統工芸で、着物としても人気の高いブランドとなります。1976年には経済産業省指定伝統的工芸品に指定され、国内だけでなく世界中でも広く知られています。

西陣織の着物をできるだけ高額で売却したいなら、まずは買取相場や特徴を知っておきましょう。

西陣織について

西陣織の着物は価値が高く高額で取引されています。買取相場や特徴などの基礎知識を身に付けて、損をしない売却を目指しましょう。

買取価格相場

西陣織の買取相場は8千円~2万円前後と言われています。西陣織は西陣地方で生産される先染の紋織物の総称であるため、非常に幅広い作品が対象となります。

また西陣織は着物ではなく帯に使われることがほとんどなので、買取相場はさほど高くなりにくいという特徴もあります。オークションでも5千円~1万円程度で出品されていて、さほど高額では売れていません。

買取業者にお願いした方が、きちんと価値を見極めて適正な価格で買い取ってくれるので、オークションで出品するよりも安心して売却できます。

特徴

西陣織の特徴は、多色の色を使った豪華な紋様です。先染ならではの美しい色糸を使い、細かくて繊細な文様を織りだすため、独特の絢爛さが特徴です。

着物ではなく帯として使われていて、着物をより一層美しく引き締めてくれます。綴、錦、緞子、朱珍、紹巴、風通など、12種類の品種があり、それぞれ異なる技法で作られています。

冠婚葬祭で使用できるフォーマルな作品も多く、結婚式や葬儀、成人式など、幅広い場で活躍しています。

まとめ

西陣織は色々な種類があり、鑑定するためには相応の知識を必要とします。そのため、知識のない素人が査定してしまうと、価値が評価されずに安価で買取されてしまう可能性もあります。

価値をきちんと見極めて、高額で買取してもらうためには、着物の知識と買取経験が豊富な専門業者にお願いすることが一番です。

特に宅配買取や出張買取などに対応している大手の買取業者であれば、販売ルートも豊富で高額買取が期待できます。

ページの先頭へ戻る