南部芳松の着物や帯の買取価格相場と特徴

南部芳松は伊勢型紙の突彫において人間国宝に認定された彫刻師です。突彫は小刀を使って模様を彫っていくため、直線だけでなく曲線や鋭角的な表現もできる手法です。

そのため、デザインの幅が広く、絵画的な物から幾何学的なものまで様々です。

小刀のみで彫り進めていく突彫というのは、非常に高い技術が必要とされる難しい分野ですが、南部芳松はその第一人者として活躍してきました。

現在でも南部芳松の型紙を使った作品は作られ続けていますが、型紙の劣化に伴いその数は激減。既存品の価値はどんどん高くなっています。

ここでは南部芳松の着物の買取相場や作品の特徴についてまとめてみました。

南部芳松の着物や帯について

南部芳松の着物を売りたいと思ったら、まずは買取相場や特徴について知っておきましょう。南部芳松の作品は高価買取の対象になっていることが多いので、予備知識はとても大切です。

買取価格相場

南部芳松の買取相場は1万円前後です。もちろん、作品の種類や状態、年代で価値は違ってきますが、目安としての価格は1万円前後と言われています。

オークションでは1万円~1万5千円程度で取引されていますので、買取業者より少しだけ高めで売却できるかもしれませんが、オークション時の手間や手数料、トラブルなどを考慮すると、買取業者の方が安心して売却できます。

彫り師の作品は大量生産が可能なので、それほど高額になるという事は少ないのですが、南部芳松はすでに亡くなった作家なので、型紙も少なくなりつつあります。作品の価値も上がりつつあるので、物によっては相場よりも高額で売却できることもあります。

特徴

南部芳松は突彫の技術に長けた彫り師です。細かく繊細な技術力があり、まるで絵画のような型紙をいくつも作り上げました。植物や動物、風景などをモチーフにした作品が多く、細かい部分まで丁寧に仕上げられています。

訪問着として幅広い年代に愛されるデザインで、没後の現代でも型紙を使って新しい着物が作られ続けています。黒や白、グレーなど落ち着いた色合いの作品が多く、様々なシーンで着ることができます。

まとめ

南部芳松の作品を少しでも高く売却したいと思ったら、まずは作品の価値を評価してくれる業者を見つけることが大切です。

彫り師の作品は、人間国宝といえども大量生産が可能なため、価値を低く見誤ってしまう業者も少なくありません。特に着物に関しての知識がない、多ジャンルを扱うリサイクル業者では、安く査定されてしまう事もあります。

大切な着物だからこそ、ちゃんと価値をわかって買い取ってもらうために、業者選びは慎重に、着物に関して知識の高い専門業者に査定をお願いしていきましょう。

ページの先頭へ戻る