中島秀吉の着物や帯の買取価格相場と特徴

中島秀吉と言えば、伊勢型紙の彫刻師として活躍した第一人者です。昭和30年には人間国宝に認定され、その型紙は数多くの着物に使われてきました。

伊勢型紙を使った着物は精巧で美しく、多くの人に親しまれる作品ですが、型紙さえあれば何枚もの着物を作成できるため、中古品の買取金額は上がりにくいのが実情です。

中島秀吉の作品をできるだけ高く売却するために、作品の特徴や買取相場等についてまとめてみました。

中島秀吉の着物や帯について

中島秀吉の着物を売却したいと思ったら、まずは買取相場や作品の価値、特徴について知っておくことが大切です。

何も調べずに買取業者に任せきりにしてしまうと、安く買いたたかれてしまうかもしれないので、中島秀吉についてしっかりと調べておきましょう。

買取価格相場

中島秀吉作品の買取相場額は、およそ1万円前後となっています。もちろん着物の状態や種類によっても金額は変わりますが、平均買取額の目安になります。

ネットオークションでは、中古品でも3万円台で取引されています。多少のシミや汚れがあっても価値が高く評価されているようです。

買取額は業者によって千差万別。特に人間国宝作品の評価は業者によって変わってくるので、少しでも高く売却するためには業者選びにこだわることがポイントです。

特徴

中島秀吉は10歳のころから型紙作りに携わり、25歳という若さで道具彫を極めて、大正5年に独立。三重県鈴鹿市にお店を構えました。

江戸小紋の着物を作り出すことに大きく貢献した彫刻師の1人で、代表作は「中島あられ」などがあります。全体に散りばめられた細やかな小紋は人間業とは思えません。

道具彫とは、二枚の刃を花びらの形やひし形に加工して彫っていく方法で、1ミリのずれも許されない精密さが求められる世界です。

中島秀吉はこの道具作りからこだわり、正確で幾何学的な美しい模様をいくつも作り出しました。現代でもその模様は多くの人に親しまれています。

まとめ

中島秀吉作品を高く買取してもらうためには、着物に詳しい専門業者にお任せするのが一番です。人間国宝作品ともなれば、ほとんどのリサイクル業者で買取してもらえますが、本来の価値を理解して買い取ってくれるのは着物専門業者の強みです。

オークションで高く売るという手もありますが、オークションは必ず売れる保証もありませんし、出品料や販売手数料などもとられていまいます。また売却後のトラブルなども発生しやすいため、専門業者に任せておいた方が安心です。

ページの先頭へ戻る