宗廣力三の着物や帯の買取価格相場と特徴

宗廣力三は大変貴重と言われる郡上紬の分野で活躍した人物です。郡上紬は、一度は絶えかけた分野でしたが、宗廣力三が再生させました。

「どぼんこ染」や「初がすり」など独自の紬を編み出し、1982年に人間国宝に認定されました。紬の分野では初めての快挙で、郡上紬は一気に世間に知られることとなりました。

宗廣力三の作品は、数が少なく非常に価値の高い着物として有名です。売却するときは、買取相場などをきちんと調べてから売却しましょう。

宗廣力三の着物や帯について

宗廣力三の作品の買取相場や特徴などを見ていきましょう。予備知識を身に付けることで、売却する際の参考になります。

買取価格相場

宗廣力三の買取相場は、10万円前後と言われています。もちろん、作品や状態によって違ってくるので、あくまで目安です。実際の買取事例では草木染別誂郡上紬が15万円で買取されています。

作品の数が減少しているため、希少価値が高くなっていて、買取額も高額になりやすい傾向にあるのですが、価値をしっかりと見極めてくれない業者だと、一気に安くなってしまいます。

オークションなどでも売却できますが、需要が少ないために売れない可能性が高くなります。無駄に出品料を取られてしまう事もあるので、着物専門の買取業者にお願いするのが一番です。

特徴

宗廣力三の作品は、草木染という素朴な色合いの作品が中心となります。有名などぼんこ染は、染料液に糸を入れ、繊維が染料を吸い上げることで色を付けて行くという方法です。

繊細な染め方で美しいぼかしを作ることができます。このぼかしは他の染め方では表現できず、宗廣力三の独特の作風とも言えます。着るほど、洗うほどに深みを増し、味の出てくる着物と言われていて、年数が経っても美しく着こなすことができます。

宗廣力三は平成元年に亡くなっているので、新しい作品は生み出されることがありません。もともと手間のかかる製法なので作品数も少なく、現代に残されている物はわずかしかありません。

まとめ

宗廣力三の着物を売却したいと思ったら、まずは買取業者を慎重に選ぶことから始めていきましょう。宗廣力三の作品は、作品数が少なく非常に価値の高い物ばかりです。

でも知識のない業者に査定してもらうと、さほど需要が多いわけではないという理由で、価値が低く思われてしまいがちです。高く売却するためには、価値をわかってくれる業者を探すことが大切です。

また一社だけで決めてしまわず、複数社に査定を依頼してみるというのも一つの手。少しでも高く買い取ってくれる業者を探し出しましょう。

ページの先頭へ戻る