甲田栄佑の着物や帯の買取価格相場と特徴

甲田栄佑は仙台出身の染織作家で、仙台平の分野で人間国宝に認定されています。無撚先染織という新しい技法を生み出した人物でもあり、染織物の第一線で活躍してきました。

仙台平は主に馬乗り袴などの袴地として使用されており、男性礼服として人気の高いものでした。中でも甲田栄佑が作り上げた袴地は最高峰ともいわれ、現代も多くの芸能人や文化人の間で愛用されているほどです。

甲田栄佑の作品を高く売却するために、買取相場や作品の特徴などについてまとめました。

甲田栄佑の着物や帯について

甲田栄佑の着物を売却したいと思ったら、まずは買取相場や作品の特徴について知っておくことが大切です。

買取価格相場

甲田栄佑の買取相場は、2万円前後と言われています。作品の種類や状態などで価格は大きく変わってきますが、一応の目安は2万円前後です。

着物のリサイクルショップでは、中古美品で8~12万円ほどで販売されているので、買取価格となると2~4万円くらいになります。

オークションでも落札価格は2万円前後と、買取業者の買取相場とさほど差がありません。差がないのであれば、きちんと価値をわかって買い取ってくれる買取業者の方が、安心して売却することができます。

特徴

甲田栄佑は54歳で人間国宝に認定された優秀な染織作家で、精好仙台織の継承者としても活躍してきました。機械織が主流となった昭和の時代でも、常に手織りにこだわり、時代に先駆けた新しい織り方を模索した探求心の強い作家です。

甲田栄佑が生み出した無撚先染織という技巧は、強度も高く見栄えも良く、着物業界の大きな功績となりました。この技法で作り出された作品は精巧さの中に気品があり、男性用袴の最高峰として多くの人に愛されています。

甲田栄佑の死後は、息子の甲田綏郎が継承者となりました。彼もまた人間国宝として認定され、数多くの作品を生み出し続けています。

まとめ

甲田栄佑の作品はとても価値の高い物ばかりですが、作られた年代が古いため劣化が進んでいる作品も多くあります。そのため買取額は下がってしまう傾向にあるので、売却は早めに決断することがおすすめです

きちんと甲田栄佑という作家の価値を見極めて買取をしてくれる専門業者に任せることがおすすめ。一般的なリサイクル業者やオークションなどでは安く買いたたかれてしまう可能性もあるので要注意です。

ページの先頭へ戻る