手軽におしゃれを楽しめる小紋

手軽におしゃれを楽しめる小紋

小紋は細かなくり返し模様が描かれた着物です。
訪問着や付け下げは、模様の上下方向がはっきりしているのに対し、小紋の場合は上下の区別はありません。

小紋の柄は、江戸時代の武士がつけた裃の柄にそのルーツがあり、大きく分けると「江戸小紋」「京小紋」に分類されます。

小紋は礼装着としての着用はできませんが、訪問や観劇・パーティーなどで気軽におしゃれを楽しめる着物です。

武士の裃にルーツがある小紋

定め小紋

江戸時代、武士が着ける裃には藩ごとに決まった柄が入れられて、藩のシンボルとされていました。
次第に柄の豪華さを藩同士で張り合うようになったため、江戸幕府から規制されます。

そこで裃には、遠くからだと無地に見えるような細かい柄が入れられるようになります。
それにより、むしろ高度な染色技術を駆使するようになったのが、小紋のルーツです。

このように裃の柄として定められた小紋は「定め小紋」と呼ばれ、代表的なものとして「鮫」「松葉」「御召し十」「万筋」「ハルビし」などがあります。

いわれ小紋

武士が裃につける小紋が発展するにともなって、庶民もこれを真似するようになりました。
宝物や野菜・玩具・動物・気象など生活の身近なものを題材としたもので、これらは「いわれ小紋」と呼ばれます。

京小紋

定め小紋といわれ小紋は「江戸小紋」と総称され、江戸を中心として発展しました。
それに対して明治時代になってから、京都で作られるようになったのが「京小紋」です。

京小紋では、京友禅の技法が取り入れられています。
江戸小紋が単色で絹しか使わないのに対し、京小紋では多色染め、生地もさまざまなものが用いられます。

また江戸小紋は遠目だと無地に見えるほど柄が細かいことが特徴ですが、京小紋の柄は江戸小紋ものより大きく、華やかになっています。

※参考URL:京友禅協同組合連合会「京友禅・京小紋のご紹介」

手軽におしゃれを楽しめる小紋

小紋は基本的には礼装着として着用することはできません。
ただし美しく、華やかな柄なので、訪問や観劇・パーティーなど幅広い場で着られます。

江戸小紋はスッキリとして大人っぽい印象ですし、京小紋は色とりどりの雅な印象。
小紋にも様々なものがあるので、場の目的に合わせた着こなしができると思います。

また小紋には、合わせなければならない帯などは決まっていません。
そのため自由で手軽におしゃれが楽しめるのも、小紋の特長です。

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の買取価格相場
加賀友禅の買取価格相場
吉野間道の買取価格相場
京友禅の買取価格相場
由水十久の買取価格相場
斉藤三才の買取価格相場
丹下雄介の買取価格相場
中村勇二郎の買取価格相場
藤井寛の買取価格相場
小宮康助の買取価格相場
福田喜三郎の買取価格相場
志村ふくみの買取価格相場
誉田屋源兵衛の買取価格相場
栗山吉三郎の買取価格相場
森山虎雄の買取価格相場
羽田登喜男の買取価格相場
柿本市郎の買取価格相場
松井青々の買取価格相場
喜多川平朗の買取価格相場
平良敏子の買取価格相場
千總(ちそう)の買取価格相場
紬屋吉平の買取価格相場
龍村美術織物の買取価格相場
浦野理一の買取価格相場
ページの先頭へ戻る