古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!

古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!

「古い着物をもらったはいいけど、どうしたら…?」
お母さん、おばあさんからもらった着物を前に、そう考えることもあると思います。

もちろん全く着物を着る機会がないのなら、買取に出して本当に必要な人に譲り渡すことも、一つの方法。
でもせっかくだから、自分で着てみたいとも思いますよね?

ただし古い着物は汚れやシミがあったりして、そのままではなかなか着られないもの。
その場合、メンテナンスをすることで着物を新しく蘇らせることができます。

現在では、多くの呉服店が古い着物のメンテナンス・サービスを提供しています。
ここでは着物をメンテナンスする際の流れを紹介します。

着物をメンテナンスする際の流れ

STPE1 汚れやシミを確認する

呉服店に古い着物をメンテナンスに持ち込むと、まず呉服店では、その着物の状態を詳しく確認します。
汚れやシミがあるようなら、それをどのように取り除くかを検討します。

汚れやシミを取り除く方法は、

  • 洗い張り
  • 裏地の交換

の、主に2つです。

洗い張り

表地のシミは、洗い張りをすることで取り除きます。
ただしもちろん、大きなシミの場合など、どうしても取れないこともあります。

裏地の交換

女性の着物には、上半分には「胴裏」、下半分には「八掛け」と呼ばれる裏地がついています。
着物が古くなってくると、これらの裏地が擦り切れたり、変色したりしていることが多いもの。

擦り切れや変色は、洗い張りでは取れません。
そこでこれらは、裏地を交換することで取り除くことになります。

STEP2 サイズの確認

古い着物は、サイズが合わないことも多いです。
サイズが大き過ぎる場合には、詰めてちょうどよいサイズにします。
小さい場合は、可能なかぎり伸ばします。

STEP3

メンテナンスの方法がはっきりしたところで、見積もりをしてもらいます。
修正が大きい場合には、費用が高くなり、新しい着物を購入できるほどになる場合もあります。

ここで迷う場合にはその場で決めず、一旦持ち帰ってゆっくり検討するのもいいと思います。

また全てを直そうと思わずに、本当に必要なところだけ直し、あとは妥協するというのも一つの方法だと思います。

あわせて読みたい記事

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の買取価格相場
加賀友禅の買取価格相場
吉野間道の買取価格相場
京友禅の買取価格相場
由水十久の買取価格相場
斉藤三才の買取価格相場
丹下雄介の買取価格相場
中村勇二郎の買取価格相場
藤井寛の買取価格相場
小宮康助の買取価格相場
福田喜三郎の買取価格相場
志村ふくみの買取価格相場
誉田屋源兵衛の買取価格相場
栗山吉三郎の買取価格相場
森山虎雄の買取価格相場
羽田登喜男の買取価格相場
柿本市郎の買取価格相場
松井青々の買取価格相場
喜多川平朗の買取価格相場
平良敏子の買取価格相場
千總(ちそう)の買取価格相場
紬屋吉平の買取価格相場
龍村美術織物の買取価格相場
ページの先頭へ戻る