秦荘紬の歴史と特徴について

秦荘(はたしょう)紬は、麻織物である近江上布の技法を取り入れ、戦後に生まれた紬織物です。
経産省より伝統工芸品の指定を受けています。

秦荘紬の歴史

近江上布の発展

近江上布は滋賀県・琵琶湖の東岸で生産される麻織物です。
江戸時代に幕府への上納品とされたことから「上布」と名付けられました。
鎌倉時代に近江へ京都から職人が移り住み、麻織物の技術を伝えたのが起源といわれています。

室町時代には「高宮布」として生産され、神宮や幕府に献上もされていました。
ただし高宮布はその後衰退、現在では実態が謎に包まれ、「幻」といわれています。

江戸時代になると、彦根藩主・井伊家から近江上布の生産が推奨されます。
京都から職人を招くことで技術は発展、嘉永年間には精巧な板締絣である「天明絣」が開発され、近江上布は安定した地場産業となりました。

当時の近江上布の生産量は、年間で100万反。
これが近江商人の天秤棒に載せられて、全国に広がったといわれています。

秦荘紬の誕生

一方近江では、古くから養蚕も盛んでした。
6世紀に大陸から渡ってきた秦氏が、養蚕の技術を伝えたといわれています。
良い繭は売り、売り物にならない屑繭から糸を紡いて紬を織り、これを自家用の着物として使っていました。

この紬織物に、近江上布で受け継がれる「櫛押し絣」の技法を取り入れ、誕生したのが秦荘紬です。
1反を仕上げるのに1ヶ月がかかる秦荘紬は、滋賀県の伝統工芸品として登録されています。

秦荘紬の特徴

繭は、春に芽吹いた桑の葉を食べた蚕がつくる「春繭」が上質な糸を生み出すといわれています。
秦荘紬はこの春繭を綿状にほぐし、手引した真綿糸を使用します。

それを丹念に手織りすることによってかもし出されるふんわりとした軽やかな風合いが、秦荘紬の大きな特徴となっています。
手織りですから絹本来の上質な素材感を損なわず、また年数を経るごとに独特の色合いや風合いが深くなります。

また細やかな絣模様も、秦荘紬の大きな特徴です。
色彩は天然染料による自然味とあたたかみがあるもので、間道の装飾文様が織り出されています。

秦荘紬は、生産量は年々減り続けています。
数が少ない分、知名度には劣るものの、有名着物雑誌にもたびたび取り上げられるなど、知る人ぞ知る通の着物ファンから愛好される織物です。

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の買取価格相場
加賀友禅の買取価格相場
吉野間道の買取価格相場
京友禅の買取価格相場
由水十久の買取価格相場
斉藤三才の買取価格相場
丹下雄介の買取価格相場
中村勇二郎の買取価格相場
藤井寛の買取価格相場
小宮康助の買取価格相場
福田喜三郎の買取価格相場
志村ふくみの買取価格相場
誉田屋源兵衛の買取価格相場
栗山吉三郎の買取価格相場
森山虎雄の買取価格相場
羽田登喜男の買取価格相場
柿本市郎の買取価格相場
松井青々の買取価格相場
喜多川平朗の買取価格相場
平良敏子の買取価格相場
千總(ちそう)の買取価格相場
紬屋吉平の買取価格相場
龍村美術織物の買取価格相場
浦野理一の買取価格相場
ページの先頭へ戻る