郡上紬の買取価格と歴史や特徴について

岐阜県郡上市で作成されている郡上紬は、この地方に自生する植物を使った草木染で幾度も染められ、手織りで織りなされる素朴な味わいの織物で、希少価値の高い伝統工芸品です。

一度は廃れかけた技術ですが、宗廣力三によって再興され、現在に受け継がれています。人間国宝である宗廣力三の作品はとても価値が高く、高価買取が期待できます。

郡上紬の着物を売却するにあたって、買取相場や特徴について知っておくことが大切です。

郡上紬について

売却の前に郡上紬の買取相場や作品の特徴について見ていきましょう。

買取価格相場

郡上紬の買取相場は平均で1万円前後と言われています。ただ、郡上紬と一言で言っても幾多の種類があるため、作品によって買取額は大きく違ってきます。

特に重要無形文化財である「どぼんこ染め」や「紬縞織」などは高額買取が期待できますし、人間国宝の宗廣力三の作品であれば10万円以上の高額買取もあります。

オークションでは平均で3万円程度で落札されています。人間国宝作品では40万円程度で出品されているものもあります。

買取業者よりも高額で売却できる可能性はありますが、高額商品はトラブルも起こりやすいため、買取業者で取引した方が安全です。

特徴

郡上紬は、本真綿を紡いで糸を作り出し、天然染料による草木染を幾度も繰り返して染められます。その後、織機で一品一品手織りされ、制作には長い月日を必要とします。

すべて手作業で行われるからこそ、繊細で美しい見た目と、肌触りの良い着心地に仕上がります。着れば着るほど味の出る織物で、東海地方だけでなく全国的に広く愛されています。

まとめ

郡上紬は手間暇のかかる伝統工芸品で、制作数も少なく希少価値が高い作品ばかりです。ただ、作品によって価値が大きく違うという特徴も持ち合わせているので、査定が難しいというのが難点です。

郡上紬を売却する際は、きちんとした査定眼をもつ専門業者に頼むことが大切です。一般的なリサイクル業者よりも、着物の専門業者の方が、知識も豊富で郡上紬を取り扱った経験もたくさんあります。

さらに宅配買取や出張買取を扱っている業者なら、全国どこからでも利用でき、販売ルートも広いので高額査定が出やすいのでおすすめです。

ページの先頭へ戻る