千總(ちそう)の着物や帯の買取価格相場と特徴

着物や洋服には流行り廃りが存在します。

どうしても欲しくなって高いお金を出して購入しても、1年後には全く用がなくなったこともあるでしょう。

時を経てまた流行の色やデザインとして回帰するのがセオリーですが、待ちくたびれてしまいますし、いくら収納があっても足りませんよね。

そんな時に役立つのが着物買取専門店の利用です。
有名ブランド着物や伝統工芸品作品は、欲しい!着てみたい!と熱望しているファンが多いので、高く買い取ってくれるのです。

こちらでは京都の老舗呉服店の千總の着物の特徴や相場を紹介しています。
気になる人はぜひ読んでみて下さいね。

千總(ちそう)の着物や帯について

着物ファンなら一度は着てみたい憧れのブランドとして名を馳せる千總。
高級デパートの呉服店をメインに卸しており、ステータス感もありますね。

千總は1555年創業の日本が誇る京友禅の老舗呉服店です。

京友禅と聞けば自然と千總と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
有名な染色家、木村 孝もファンを公言しています。

価格相場とブランドの特徴を見てみましょう。

買取価格相場

千總は市場にたくさんの流通経路を築いているため、呉服店やデパートに卸しており、新作であれば問題なく購入することができます。
ただ新品は100万〜200万円以上する品も多く、なかなか手が出ないという人は新古品を探しているようです。

人気ブランドということもあり、新古品でもさほど値崩れしていません。
振袖が50万円前後、訪問着が16万〜50万円以上、小紋が3万〜20万円、黒留袖が3万〜10万円で取引されています。
買取相場は振袖や訪問着であれば、10万〜15万円程度でしょう。

一般的に大量生産されている着物は数千円、0円と鑑定されるケースもあります。
なぜかと言うと、中古品の着物はどれだけ希少価値があるか、レアな作品か、有名ブランドか、伝統工芸品かが最も重要視されるからです。

骨董品や美術品と同じ扱いと考えて良いでしょう。

千總は知名度が高く、たくさんの手間暇をかけて作られている京友禅なので、欲しい人は必ずいます。

さらに高く買取りされるには、新品かそれに近い美品である、仕立てができる大きなサイズである、京友禅協同組合連合会が認定する証紙がある、落款があるかがポイントです。

現在の千總では「千總謹製」の四角い落款のみで、色無地、小紋以外の裁ち合わせの決まっているの作品のみに入っています。

もし着なくなってしまった千總の着物があれば、そのまま大事にしまっておくよりは、価値が高いうちに査定してもらうことをお勧めします。

ただリサイクルショップで無駄に買いたたかれるよりは、価値を見つけて高く買い取ってくれる業者を探し、次世代に引き継ぐ方が良いのではないでしょうか。

特徴

西暦1555年に西村与三右衛門が、京都三条烏丸の地に織物業を始めたことが千總の創業と言われています。

450年以上に及び、あらゆる政治的経済試練を乗り越えた千總ですが、特に2つの大きな転換期がありました。
一つ目は明治維新による時代の移り変わり、二つ目は戦争です。

明治時代には当時の当主であった總左衛門による、型友禅と新進気鋭の画家による芸術的な作画の導入、華やかな物が一切禁じられた第二次世界大戦時には、伝統技術の継承の名目で、政府から工芸技術保存資格者の許可を得て製造を続けました。

千總は京友禅を取扱うブランドですが、特に手描き京友禅にはいくつもの工程を経て1つの反物が出来上がります。

その際それぞれに職人が存在するわけですが、歴代の職人は千總と固い絆で結ばれ、他で働くことはないそうです。
これが千總の大きな強みでもあるでしょう。

職人達の働き、現代まで続く千總のデザインへの強いこだわりなどがあったからこそ、「京友禅といえば千總」となり得たのではないでしょうか。

千總の京都の本社2階にはギャラリーが開設されています。
気になる人はぜひ足を運んでみて下さい。

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の買取価格相場
加賀友禅の買取価格相場
吉野間道の買取価格相場
京友禅の買取価格相場
由水十久の買取価格相場
斉藤三才の買取価格相場
丹下雄介の買取価格相場
中村勇二郎の買取価格相場
藤井寛の買取価格相場
小宮康助の買取価格相場
福田喜三郎の買取価格相場
志村ふくみの買取価格相場
誉田屋源兵衛の買取価格相場
栗山吉三郎の買取価格相場
森山虎雄の買取価格相場
羽田登喜男の買取価格相場
柿本市郎の買取価格相場
松井青々の買取価格相場
喜多川平朗の買取価格相場
平良敏子の買取価格相場
紬屋吉平の買取価格相場
龍村美術織物の買取価格相場
浦野理一の買取価格相場
吉田文之の買取価格相場
久保田一竹の買取価格相場
玉那覇有公の買取価格相場
芹沢_介の買取価格相場
中島秀吉の買取価格相場
江里佐代子の買取価格相場
北村武資の買取価格相場
甲田栄佑の買取価格相場
児玉博の買取価格相場
五嶋敏太郎の買取価格相場
ページの先頭へ戻る