知花花織の買取価格と歴史や特徴について

知花花織は、沖縄市で生産されている伝統工芸です。18世記から沖縄市を中心に広まり、祭りや晴れの日の衣装として愛されてきました。

第二次世界大戦で大きな打撃を受け、伝統が途絶えかけてしまいましたが、現在は再び復興して、色々な行事で使われています。

知花花織は需要が限られている作品なので、業者によって買取額が大きく違います。売却の際は予備知識を備えておくことが大切です。

知花花織について

知花花織の買取相場や特徴について調べ、売却の際に適正な査定が行われているかどうか、きちんと確認しましょう。

買取価格相場

知花花織の買取相場は、5,000円〜8,000円程度と言われています。琉球独特な作品となるため、どうしても需要が少ないという難点があります。

業者によってはもっと安く査定されてしまう事もありますし、逆に沖縄に精通している業者であれば高額で買い取ってくれる可能性もあります。

オークションでも8,000円前後で落札されています。オークションの方が高く売れることもありますが、手続きや取引なども面倒なので業者に任せることがおすすめです。

特徴

知花花織は琉球王朝を思わせるデザインが特徴的な着物です。美しい藍染めの紺色に、白糸や赤糸を使って模様が描かれ、琉球独特の文化や伝統を感じさせます。

木綿糸や絹糸を天然染料で手染めした美しい色合いと、木綿仕立ての着心地の良さが魅力的で、現在でも沖縄市内ではなじみのある工芸品です。

現在では主に、五穀豊穣や無病息災などの祈願をするお祭りで着用されていて、おめでたい衣装として沖縄で根付いています。

まとめ

知花花織は沖縄でお祭りの衣装に使われる着物です。本土では需要が少ないため思うように買取価格が上がらないという難点がありますが、広い販売ルートを持っている業者であれば高額買取してもらえます。

できるだけ高く売却するためには、着物に詳しくルートも豊富な大手業者に任せることがオススメ。また、沖縄の工芸品に精通した業者を探すというのも一つの手です。

売却の際に損しないためには、買取相場を把握して、査定額が適正かどうかを見極めることが大切です。複数の業者に査定してもらうのもおすすめです。

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の買取価格相場
加賀友禅の買取価格相場
吉野間道の買取価格相場
京友禅の買取価格相場
由水十久の買取価格相場
斉藤三才の買取価格相場
丹下雄介の買取価格相場
中村勇二郎の買取価格相場
藤井寛の買取価格相場
小宮康助の買取価格相場
福田喜三郎の買取価格相場
志村ふくみの買取価格相場
誉田屋源兵衛の買取価格相場
栗山吉三郎の買取価格相場
森山虎雄の買取価格相場
羽田登喜男の買取価格相場
柿本市郎の買取価格相場
松井青々の買取価格相場
喜多川平朗の買取価格相場
平良敏子の買取価格相場
千總(ちそう)の買取価格相場
紬屋吉平の買取価格相場
龍村美術織物の買取価格相場
浦野理一の買取価格相場
吉田文之の買取価格相場
久保田一竹の買取価格相場
玉那覇有公の買取価格相場
芹沢_介の買取価格相場
中島秀吉の買取価格相場
江里佐代子の買取価格相場
北村武資の買取価格相場
甲田栄佑の買取価格相場
児玉博の買取価格相場
五嶋敏太郎の買取価格相場
南部芳松の買取価格相場
宗廣力三の買取価格相場
森口華弘の買取価格相場
六谷紀久男の買取価格相場
ざざんざ織の買取価格相場
宮古上布の買取価格相場
郡上紬の買取価格相場
首里織の買取価格相場
小千谷縮の買取価格相場
西陣織の買取価格相場
辻が花の買取価格相場
八重山上布の買取価格相場
ページの先頭へ戻る