知花花織の買取価格と歴史や特徴について

知花花織は、沖縄市で生産されている伝統工芸です。18世記から沖縄市を中心に広まり、祭りや晴れの日の衣装として愛されてきました。

第二次世界大戦で大きな打撃を受け、伝統が途絶えかけてしまいましたが、現在は再び復興して、色々な行事で使われています。

知花花織は需要が限られている作品なので、業者によって買取額が大きく違います。売却の際は予備知識を備えておくことが大切です。

知花花織について

知花花織の買取相場や特徴について調べ、売却の際に適正な査定が行われているかどうか、きちんと確認しましょう。

買取価格相場

知花花織の買取相場は、5,000円~8,000円程度と言われています。琉球独特な作品となるため、どうしても需要が少ないという難点があります。

業者によってはもっと安く査定されてしまう事もありますし、逆に沖縄に精通している業者であれば高額で買い取ってくれる可能性もあります。

オークションでも8,000円前後で落札されています。オークションの方が高く売れることもありますが、手続きや取引なども面倒なので業者に任せることがおすすめです。

特徴

知花花織は琉球王朝を思わせるデザインが特徴的な着物です。美しい藍染めの紺色に、白糸や赤糸を使って模様が描かれ、琉球独特の文化や伝統を感じさせます。

木綿糸や絹糸を天然染料で手染めした美しい色合いと、木綿仕立ての着心地の良さが魅力的で、現在でも沖縄市内ではなじみのある工芸品です。

現在では主に、五穀豊穣や無病息災などの祈願をするお祭りで着用されていて、おめでたい衣装として沖縄で根付いています。

まとめ

知花花織は沖縄でお祭りの衣装に使われる着物です。本土では需要が少ないため思うように買取価格が上がらないという難点がありますが、広い販売ルートを持っている業者であれば高額買取してもらえます。

できるだけ高く売却するためには、着物に詳しくルートも豊富な大手業者に任せることがオススメ。また、沖縄の工芸品に精通した業者を探すというのも一つの手です。

売却の際に損しないためには、買取相場を把握して、査定額が適正かどうかを見極めることが大切です。複数の業者に査定してもらうのもおすすめです。

ページの先頭へ戻る