着物の上に着る(雨コート・道行コート・羽織)のコート丈や寸法

着物の上に着る(雨コート・道行コート・羽織)のコート丈や寸法

着物の上に着るものは、道中着や雨コート・道行コートなどの和装コートや羽織などいくつか種類があります。

人によってはなかなか着る機会がなく、脱ぎ方などのマナーを知らない人も多いのではないでしょうか?

それぞれの着方とマナー、コート丈や寸法についてまとめているので、いざという時に困らないようにチェックしておきましょう。

羽織と和装コートはどう違う?

羽織と和装コートはどちらも着物の上に着るものですが、その着方やマナーは大きく異なります。

羽織

羽織は洋服に例えると「ジャケット」にあたり、前が開いていて着物とのコーディネートを楽しむもの。
色無地の着物の上に小紋羽織などを着ると、おしゃれな装いになります。

また羽織は、着物の格を変化させる効果もあります。
小紋などの普段着でも、紋付羽織を着ると略礼装になります。

羽織のマナー

羽織は、基本的には室内で着ていてもいいとされます。
ただし略礼装として羽織を着用する場合には、訪問先が親しい人以外の場合は脱いだ方が良いでしょう。
またお茶席などでは、羽織は着ません。

また最近では、羽織は膝下10センチくらいの丈の長羽織が主流となり、おしゃれの要素が強くなっています。
その場合には、室内では脱いだほうが無難なケースもあります。
目上の人がいる場合などは、周りの人に合わせましょう。

羽織の脱ぎ方

室内で脱いだ羽織は、ハンガーなどには吊るしません。
手に持つのがマナーです。

脱ぐ際には、まず肩から羽織を少しずらし、両手で袖口を合わせて脱ぎます。
両袖を合わせてたたみ、さらに袖を折り込んで、くるくると巻くようにたたみます。

たたんだ羽織は、持参した風呂敷などに包んでおくのがスマートです。

和装コート

和装コートは雨などの防水や防寒などを目的として、屋外で着るものです。
ですから訪問先に到着したら、かならず玄関先で脱ぎましょう。

羽織と同様に折りたたみ、風呂敷などに包んでおくのがスマートです。

羽織の種類

夏羽織(なつばおり)

夏羽織は「うすもの」とよばれる生地で単衣仕立てにしたものです。
夏に着るものですから、素材も紗や絽、紋紗、羅、レースなど、涼しげで透けたものを使用します。

初夏の6月から初秋の9月まで着るのがセオリー。
暑い季節にあえてもう一枚着るわけですから、基本的に略礼装か、またおしゃれのために着ます。

袷羽織(あわせばおり)

袷羽織は11月ごろから4月半ばくらいまで、寒い季節に着るものです。
ですから表地に羽裏をつけて、袷仕立てにします。

単衣羽織(ひとえばおり)

単衣羽織は、袷羽織と使われる生地は同じですが、裏を付けずに仕立てます。
ですから着る時期は、4月中旬〜5月春と、9月下旬から10月の秋となります。

着用期間が短いため、単衣羽織は着る人も少ないです。
ただしウールの羽織は裏をつけずに単衣仕立てにすることが多く、この場合は袷羽織と同様冬の季節に着ます。

茶羽織(ちゃばおり)

茶羽織はふつうの羽織とはちがい、丈が短く衿丈も細くします。
使う生地が少ないですから価格も安く、「手軽な羽織」「普段着の羽織」という位置づけです。

小紋羽織(こもんばおり)

江戸小紋を柄に使った小紋羽織は、TPOにとらわれずに着られる手軽な羽織で、街着に適しています。
気に入った着尺地から、羽織と帯を作るのが着物通です。

絵羽織(えばおり)

絵羽織は手描き友禅やろうけつ染め、絞り染め、小紋型染めの絵羽風、縫い取り縮緬のぼかし染め、刺繍などなど、さまざまな方法で柄をつけた羽織です。
格式の高い紋様がある絵羽羽織は、略礼装として用いられます。

その他の柄のものは、お正月や会食・観劇など、かしこまったというよりは華やかな場面に着るのがおすすめ。
特に絵羽羽織は、ぜいたくな印象をかもし出します。

色無地羽織(いろむじばおり)

柄のある小紋やお召の着物の場合、色無地の羽織を着ると、スッキリとまとまった印象になり、着物と羽織それぞれが引き立ちます。
改まった雰囲気にもなりますし、おしゃれでもあり、着られる範囲が広いのが特徴です。

紋付黒羽織(もんつきくろばおり)

紋付黒羽織は黒地の羽織に1つ紋または3つ紋をつけたもので、小紋やお召の上に切ると略礼装となります。
ただしこれはあくまでも略礼装で、礼装が必要な場では留袖や色留袖などを着なければなりません。

子供の入学式や卒業式などの学校行事、改まった訪問や法事などに着ていけます。
3つ紋より1つ紋のほうが着用範囲が広く、また幾何模様や波・雲・唐草などの地紋を選ぶと、慶弔両方に着用できます。

羽織の丈と寸法

羽織の丈は、身長の2分の1が基準です。
普通の羽織の場合には身長の2分の1プラス2センチ〜4センチ、絵羽羽織はプラス4センチ〜6センチが目安です。

裄は、着物より0.5センチ(1分)長くして、袖丈は着物より1センチ〜2センチ短く仕立てます。
羽織はおしゃれとして着るものなので、丈は年齢や体型、好み、流行などによって加減します。

和装コートの種類

道行コート

和装コートには防寒用やちりよけ用、おしゃれ用などそれぞれの目的に応じたものがありますが、道行コートはそれらをすべて兼ね備えたコートです。
衿は「道行衿」とよばれる、衿の開きを四角にし、小衿を額縁のように縁取ったもの。

正装や礼装にも着ることができますので、格や雰囲気、調和などを考えて選びましょう。

道中着

道中着はおしゃれを目的としたコート。
礼装用にすでに道行コートを持っている場合には、道中着を求めると、よりおしゃれで通なコーディネートが楽しめます。

衿は道行衿ではなく、裾に行くにしたがって広くなったものが用いられます。
紬や小紋などカジュアルな着物には、道中着がよく似合います。

雨コート

雨コートはその名の通り、着物を雨や汚れから守るもの。
ですから着物をすっぽりと包む、着物の着丈より1〜2センチ長い「対丈」で仕立てます。

雨コートによく用いられる素材としては、絹・木綿・架線など。
また紬や唐桟・着尺地など自分が好みの生地に防水加工をほどこせば、雨コートとして使用できます。

夏用のものもあり、その場合は紗などの夏素材が用いられます。
着物をすっぽりと包み込む1部式と、上下にわかれた2部式とがあります。

コート丈と寸法

コート丈

コート丈には、目的と好みによって次のものから選ばれます。
特に背が低い人の場合は、コート丈によって印象が大きくちがいますので、注意して選びましょう。

6分丈

6分丈のコートは「半コート」と呼ばれ、和装コートの中では最も一般的なものです。
着丈の0.6〜0.65くらいを目安として仕立てます。
太もも辺りまでの長さですから軽快な印象で、目的や年齢に関係なく幅広く用いられます。

7分丈

背が高く、半コートでは短い印象になってしまう場合や、防寒用としてやや長いものを選びたい場合、またセミフォーマルな装いのためなどの目的で用いられます。
膝くらいの長さですので、半コートより落ち着いた印象です。

8分丈

着丈より1〜2センチ長い「長コート」では長すぎると感じたり、防寒用のコートが半コートでは寒い場合、8分丈が用いられます。
膝頭が隠れる長さなので、フォーマルな印象です。

9分丈

使われる目的は、8分丈と同様です。
印象も、8分丈よりさらにフォーマルになります。

対丈

対丈は着丈に1〜2センチを足したコート丈で、この丈で仕立てたコートは「長コート」と呼ばれます。
雨コートの場合には、着物の裾が見えてしまうと防水の意味がありませんので、対丈で仕立てます。

長コートは雨コートの他にも、フォーマルな装いや防寒用として用いられます。
フォーマル用として仕立てる場合は、生地などを吟味しなければなりません。

コートの寸法

コートの寸法は、まず袖丈は着物より0.8〜1センチマイナスで仕立てます。
裄は逆に0.8〜1センチプラスしたものが標準です。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る