翠山工房の着物や帯の買取価格相場と特徴

翠山工房は辻が花に魅せられた染職人が集まり、オリジナルの辻が花を作り続けている着物メーカーです。

辻が花というと久保田一竹の「一竹辻が花」が有名ですが、翠山工房の「夢幻辻が花」も同じく価値が高く、着物ファンから高い支持を得ています。

豪華絢爛で美しい夢幻辻が花は、中古品でも高値で取引されているので、高額買取が期待できる着物の一つです。

売却前に、買取相場や作品の特徴について調べ、できるだけ高額で買い取ってもらえるようにしましょう。

翠山工房の着物や帯について

翠山工房は、高い技術力を誇る染職人が幻の辻が花を再現して、オリジナルの夢幻辻が花というブランドを完成させました。

ぼかし染め、友禅、手絞を駆使して作られる色鮮やかな着物は、飾ってあるだけでも美しく人目を惹きます。

では買取相場や特徴について見ていきましょう。

買取価格相場

夢幻辻が花の買取相場は、8万円前後と言われています。

もちろん、種類や状態によって違うのですが、かなり高額で取引されているというのは事実です。

オークションでは1万円台で落札されているものと、13万円まで値が上がっているものと様々です。

オークションは、欲しい人とタイミングよく巡り会えれば値が上がりますが、巡り合うことができなければ値が上がらず安値で売却する羽目になってしまいます。

価値に関係なく価格が変動してしまうので、適正価格で買い取ってもらえる買取業者に任せた方が安全です。

特徴

翠山工房は、新潟県にある着物メーカーで、江戸寛永年間に創業された老舗店です。

幻の染と言われた辻が花を作り続け、オリジナルブランド夢幻辻が花も立ち上げました。

夢幻辻が花は、下書き、型付け、引き染め、手描き友禅、絞など、すべての工程を手作業で行い、一つ一つ手間暇かけて仕上げられた価値の高い着物です。

たくさんの色を使って描かれる色鮮やかな花柄は、存在感があり魅了されます。成人式や結婚式など晴れの舞台にも活躍する美しい着物です。

まとめ

夢幻辻が花は非常に価値が高く、高額買取が期待できる着物ブランドです。

でも着物の買取に力を入れていない業者に頼んでしまうと、価値がわからず安値で買い取られてしまう場合も。

損をせずにきちんと適正な価格で買い取ってもらうために、着物の買取に力を入れている専門業者に任せることがおすすめです。

せっかくの高級着物を台無しにしてしまわないために、業者選びは慎重に行いましょう。

ページの先頭へ戻る