白山工房の着物や帯の買取価格相場と特徴

白山工房は、牛首紬を製造している着物メーカーです。

牛首紬とは石川県の無形文化財に指定されている伝統工芸で、現在は白山工房と加藤機業場の2箇所でしか製造されていません。

希少価値が高く、中古品でも高額買取してもらえる着物ブランドです。

白山工房の牛首紬を売却する前に、買取相場や作品の特徴をしっかりと把握しておきましょう。

白山工房の着物や帯について

牛首紬とは、結城紬、大島紬と並ぶ知名度を誇る紬の一つです。

2匹の蚕が共同作業で繭を作る玉繭は、偶然の産物で非常に珍しい繭です。

牛首紬は、その玉繭を使って作られているため、生産数も少なく希少価値が高いのです。

では白山工房の牛首紬の買取相場や特徴を見ていきましょう。

買取価格相場

牛首紬の買取相場はおよそ5万円前後です。
牛首紬と一言で言っても、訪問着、付け下げ、袋帯など、さまざまなので価格はそれぞれ違ってきますが、平均値は5万円ほどです。

最も高額になりやすいのは訪問着で、未着用の物であれば10万円以上で買取してもらえる場合もあります。

また染め方が先染めか後染めかによっても価格が変わり、先染めであればさらに高額になりやすくなります。

オークションでは、平均で5〜6万円程度で落札されていますが、中には20万円以上で落札された着物もあります。

ただオークションは必ずしも高く売れるという保証がないので、やはり買取業者に任せておく方が安心です。

特徴

牛首紬の特徴は、紬織物と絹織物の両面を持ち合わせているという点です。

紬織物の強さと美しさと、絹織物の肌触りで、見ても良し、着ても良しの上質な着物に仕上がります。

白山工房では、全国でも極めて珍しく、繰糸から撚糸、精錬、染色、整経、管巻、製織というすべての工程を一貫して行っています。

繭の状態から織物になるまでのすべての工程を公開していて、誰でも気軽に見学することもできます。

まとめ

白山工房の牛首紬は希少価値が高く、買取相場も高めの高級着物です。

売却する前にきちんと相場を確認しておくことと、価値に見合った査定を行ってくれる専門業者を探すことが高額買取の鍵となります。

業者選びのポイントは、着物の買取を専門的に扱っている、もしくは着物の買取を強化している業者を探すという事。

着物に対する知識が豊富な査定員に、きちんと適正価格を提示してもらいましょう。

ページの先頭へ戻る