大彦の着物や帯の買取価格相場と特徴

大彦は、1875年に野口彦兵衛が創業した着物ブランドです。

友禅染と日本刺繍を駆使して作られる着物は、他にはないオリジナリティに溢れています。

芸術的な価値の高い作品として、世界中の着物ファンから支持されています。

大彦の着物は買取価格が高いブランドなので、売却の前にはしっかりと買取相場を調べておくことが大切です。

ここでは大彦の買取相場や着物の特徴などをまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

大彦の着物や帯について

大彦は、江戸友禅と日本刺繍を組み合わせて作られるオリジナル着物のブランドです。

初代の野口彦兵衛を筆頭に数多くの作品を作り続け、現在は4代目が後を引き継いでいます。

少しでも高く売却するために、買取相場や特徴について知っておきましょう。

買取価格相場

大彦の買取相場は、5〜10万円前後となります。

特に初代大彦こと野口彦兵衛の作品は価値が高く、高額買取の対象となりやすくなります。

オークションでは平均7万円前後で落札されていて、中には35万円で落札された作品もあります。

希少価値の高い作品であれば高額になりやすいですが、オークションはトラブルも多いので高額商品の取引は危険が伴います。

できれば買取業者を利用して、安全で安心の取引を行うことがおすすめです。

特徴

大彦の特徴は、京友禅とは違う江戸友禅の美しさです。

友禅と言えば京都というイメージを払拭するほど、独特の技法とデザインで江戸友禅を確立させました。

また、インドの更紗からヒントを得たデザインで、斬新で芸術的な着物を制作。

世界中で認められる、芸術的な価値の高い作品を生み出しました。

着物としてではなく、観賞用として購入する人も多いほど、色鮮やかで美しい出来栄えが魅力的です。

まとめ

大彦は世界中で熱狂的なファンをもつ価値の高い着物ブランドです。

買取業者でも高額買取の対象となっていますが、本来の価値をきちんと理解してもらうために、着物の知識が豊富な専門業者を探すことが大切です。

宅配買取や出張買取を行っている大手業者であれば、国内だけでなく海外への販売ルートも確立されているため、買取額も高くなりやすいという特徴があります。

オークションでも高額で売却できる場合もありますが、高額取引はトラブルの元なので、できるだけ買取業者を利用するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る