昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖

女性の第一礼装・留袖。
身内の結婚式に参列するなど、もっとも格調の高い場で着用します。

留袖には、黒留袖と色留袖の2種類があります。
黒留袖は既婚女性のみが着用できますが、色留袖は未婚者でも着られます。

昔は普段着だった留袖

「留袖」の元々の意味は、未婚女性が結婚し、振袖を短くしたところに由来します。

振袖は、未婚女性にとって愛情表現の手段でした。
ところが結婚するとその必要がなくなるので、袖を短くしたわけです。

このとき袖を「切る」という言葉を使うと、「縁を切る」ということにつながります。
そこで切るではなく「留める」と呼んだことから、「留袖」の言葉が生まれました。

江戸時代までは留袖は、単に「袖を短くした着物」というだけで、未婚女性が普段に着るものでした。
それが変わったのは、明治時代になってから。

明治時代に西洋から「ブラックフォーマル」の概念が取り入れられました。
それにより、黒染めに五つ紋を入れ、裾にのみ柄を配した着物が既婚女性の第一礼装とされ、これが「留袖」と呼ばれるようになりました。

留袖は明治時代に、普段着から最も格の高い着物へ変化したというわけです。

留袖の種類は2種類

黒留袖

黒留袖は結婚式や披露宴のときのみ、しかも新郎新婦の近親者や仲人の奥さんだけが着用します。
地模様のない縮緬を黒く染め、裾に飲み模様を配し、五つ紋が入ります。

色留袖

色留袖は黒以外のものを指しますが、黒留袖ほど形が決まっているわけではなく、着用の場によって紋の数や着方を変えます。
また色留袖は、既婚女性だけでなく未婚女性も着用できます。

色留袖も格式が高いので、黒留袖ほどではないにせよ、着用の場は限られます。
ただし最近ではあまり堅苦しく考えず、家族・近親者のお祝いの気持ちを表すときなら、どのような場でも着用できるようになりつつあります。

あわせて読みたい記事

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
加賀友禅の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
吉野間道の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
由水十久の着物や帯の買取価格相場と特徴
斉藤三才の着物の買取価格相場と特徴
丹下雄介の着物や帯の買取価格相場と特徴
中村勇二郎の着物の買取価格相場と特徴
藤井寛の着物や帯の買取価格相場と特徴
小宮康助の着物の買取価格相場と特徴
福田喜三郎の着物の買取価格相場と特徴
志村ふくみの着物や帯の買取価格相場と特徴
誉田屋源兵衛の着物や帯の買取価格相場と特徴
栗山吉三郎の着物や帯の買取価格相場と特徴
森山虎雄の着物の買取価格相場と特徴
ページの先頭へ戻る