着物を高額で売却するためのコツは?

着物を、少しでも高値で売却するためには、どうしたらいいのでしょうか?
そのためのコツをいくつか、紹介したいと思います。

着物を高額で売却するためのコツは?

付属品は全てとっておく

着物の付属品は、とても大事です。
買った時のものを、全てそのまま、買い取りに出すことが、一番の高値になります。

特に重要なのは、証紙です。
着物の産地や品質を証明するための証紙があるかないかで、特に作家物や伝統工芸品などの場合には、価格は大きく変わってきます。

それから意外なところでは、たとう紙も、買った時のものがあれば、そのまま買い取りに出しましょう。
老舗呉服店のたとう紙に包まれていたりすると、それだけで、買取り価格が上がるそうです。

まとめて売る

売るものが多くなればなるほど、買取り価格はアップします。
買取ショップとしても、一度で大量仕入れができ、手間が省けることになりますので、買取り価格を高めにつけてくるからです。

和装小物などがある場合には、それらも一緒に出してしまいましょう。
「あまり価値がない」と思うものでも、数が増えるだけで、買い取り価格は上がると思います。

できるだけ早く売る

これは当たり前の話ですが、着物は長く保存すればするほど、状態は悪くなっていきます。
また流行についても、時間が経てば経つほど、合わなくなっていくでしょう。

ですからもし「売ろうかな・・・」と思う着物があるのなら、少しでも早く売るほうが、高値がつくことになります。
迷っているあいだに、価格はどんどん下がるということは覚えておきましょう。

買取り価格に納得できなければ断る

着物は早く売った方がいいと言いましたが、無理して売ろうとすることは、考えないのがおすすめです。

買取ショップによって、査定の方法が違っていたり、査定士の判断もそれぞれです。

買取り価格に納得できれば売り、もしそうでないのなら、きっぱり断るようにしましょう。

査定をしてもらったからといって、売らなければいけないわけではありません。
もし価格に納得できなければ、別のショップへに査定を出してみるのもいいと思います。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る