証紙はあった方が高く売れるの?

着物を買い取りに出す場合には、証紙があるかないかで、買取価格はだいぶ大きく変わります。

証紙があれば、査定の際には必ず付けるようにするのがおすすめです。

証紙とは?

証紙とは、その着物を確かに生産したという証拠になるものです。

高級な着物の場合、それが確かに、その産地で、決められた方法に則って生産されたと、証紙があって、初めて証明できることになります。

例えば本場奄美大島紬の場合なら、証紙は次のようなものがあります。

産地表示

朱色で「本場奄美大島紬」の文字が織り込まれていて、さらに金茶色の「地球のマーク」が付けられています。

登録商標

「地球印」の、奄美産地で確かに生産されたことを証明するものです。

伝統証紙

経済産業大臣指定伝統工芸品であることを証明します。

泥染証紙

泥染の着物には、たしかに泥染をしたことを証明する証紙が付けられます。

草木泥染証紙

草木泥染の着物には、草木泥染をしたことを証明する証紙が付けられます。

履歴書シール

12桁のシリアル番号をネットから入力すると、柄の画像や生産者の写真等のデータを閲覧することができます。

これらの証紙は、着物の品質保証書だと言うことができるでしょう。

着物の査定士も、見ればある程度のことは分かりますが、確かなことは、証紙によって証明されることになります。

証紙はぜひとも一緒に付けよう

ですから証紙があるとないとでは、買取価格は変わってきます。

同じ価値がある着物でも、その価値を、証紙によって証明することができるのと、査定士が判断しただけののものとは、それを次に購入する人の納得の度合いが違うからです。

もっとも、それほど高級な着物でない場合には、証紙があってもなくても、それほど変わらないかもしれません。

でもそれこそ大島紬など、高級な着物については、証紙があるとないとでは、買取価格はかなり大きく違います。

なので証紙は、査定の際には、ぜひとも一緒に付けるようにしましょう。
証紙をきちんと取ってあれば、それは問題ありませんね?

でも亡くなった親から受け継いだ着物などなら、証紙があるのかないのか、分からないこともあるかもしれません。

その場合でもあきらめないで、特に高級な着物なら、しつこく証紙を探すようにして、絶対に損はないはずだと思います。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る