着物に合うネイルの色は?結婚式でのマナーについて

ネイルをした状態で着物を着るのは問題ないのでしょうか?

パーティーでは問題ありませんが、結婚式などマナーを重視する場面では注意が必要です。

ネイルが問題となる結婚式の場面を中心に解説しているので、マナー違反にならないよう確認しておきましょう。

あわせて読みたい記事

結婚式のマナーの考え方

結婚式は、通常のパーティーとはちがいます。

通常のパーティーは、参加者それぞれが楽しむためにあります。
ですから参加者は場の格に合わせて着飾り、ネイルなども自由にして問題はありません。

それに対して結婚式は、あくまで新郎・新婦が主役。
参列するゲストはお祝いをする側ですし、親族はお招きする側ということになります。

この立場をそれぞれがわきまえることが、結婚式では大事です。

親族のネイルはマナー違反

まず親族の女性がネイルをするのは、マナー違反となります。
ゲストをお招きする立場として、服装もネイルも控えめにするのが大切です。

マニュキアもマナー違反となりますので注意しましょう。

親族として結婚式に参列する場合には、爪磨きなどを使用して、爪自体をきれいにするよう心がけましょう。

それではどうしてもキレイにならないという場合には、クリア系やベージュ系の色を単色塗りする程度にしておきましょう。

ゲストのネイルはシンプルに

ゲストは、服装もネイルも派手になり過ぎないことが大切です。
結婚式はあくまでも新郎・新婦が主役ですから、控えめにするよう心がけましょう。

ネイルはしてもかまいませんが、清潔感を前面に立て、シンプルなものを選びましょう。

結婚式のゲストとしておすすめのネイルは、たとえば薄ピンクのグラデーション。
薄ピンクは派手になり過ぎない色なのでおすすめです。
ストーンをワンポイントとしていれるのもおしゃれです。

フレンチネイルも、やはり結婚式のゲストにはおすすめです。
シンプルで華やかに見えますし、白いドレスはNGですが、ネイルならばOKです。

ツヤ感をなくしたマットネイルも、大人っぽく上品な印象になります。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る