塩沢紬

塩沢紬は、新潟県の南魚沼市周辺で生産されている織物です。
よく間違えられるのですが、本塩沢とは全くの別物です。

塩沢紬の歴史

塩沢周辺の織物は、古い歴史を持っていて、1200年くらい前、奈良時代には、紬の元となる麻布、越後上布が作られ始めたと言われています。

この越後上布は、正応院に今でも保存されているそうです。

越後上布の織物技術を絹織物に取り入れたのが、塩沢紬になるそうです。
これは江戸時代の中頃に開発されたと言われています。

大正時代頃から、生産量が増してきて、麻布より多く生産されるようになりました。
ただ戦争中は、「贅沢品」とみなされて、生産が制限されたこともあったそうです。

戦後になり、協同組合が作られて、商品化が積極的に進められました。

1975年に、経済産業大臣指定の伝統的工芸品に、そして2009年には、ユネスコの無形文化財に指定されました。

塩沢紬の特徴

塩沢紬は、縦糸には生糸、横糸に真綿手紡ぎ糸と、2種類の糸を使うのが特徴です。

ただしこれらはどちらも、地元のものは入手困難であるために、群馬県で生産されたものを使っているとのこと。

この糸を、手くくりと手すり込みによって、絣糸を一本ずつ合わせながら、丹念に織り上げます。

絣の種類には、

  • 虫絣
  • 十字絣
  • 亀甲絣

などがあり、細かい模様が特徴です。

色は藍など、濃い目のものが多いです。
また柔らかで、暖かいのも、結城紬の特徴です。

結城紬の製造工程

結城紬を作るには、まずは絣模様のデザインを設計します。
次に地と絣模様の経糸と横糸を、それぞれより合わせます。

その上で、糸を図案の色になるよう、染料で煮て染めます。
それから手くくり、手摺りこみを行うことで、絣の模様を作っていきます。

ここからいよいよ機織りです。
まずは図案のデザインになるように、経糸、横糸の位置を調整しながら、機織り機に巻き付けていきます。

そして経糸の絣模様と横糸の絣模様がきちんと合うよう、ていねいに織り上げます。
機織りの作業は、2〜3週間かかります。

その他のページ

大島紬
結城紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
加賀友禅の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
吉野間道の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
由水十久の着物や帯の買取価格相場と特徴
斉藤三才の着物の買取価格相場と特徴
丹下雄介の着物や帯の買取価格相場と特徴
中村勇二郎の着物の買取価格相場と特徴
藤井寛の着物や帯の買取価格相場と特徴
小宮康助の着物の買取価格相場と特徴
福田喜三郎の着物の買取価格相場と特徴
志村ふくみの着物や帯の買取価格相場と特徴
誉田屋源兵衛の着物や帯の買取価格相場と特徴
栗山吉三郎の着物や帯の買取価格相場と特徴
森山虎雄の着物の買取価格相場と特徴
ページの先頭へ戻る