妊娠中に着物を着る場合は帯や腰紐の締め付けに注意しよう

妊娠中に、着物を着てもいいのかどうか、心配になりますよね?
着物の帯はお腹を少し圧迫するので、胎児に悪影響があるのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

でも妊娠中は、着物を着てもまったく問題ありません。
日本の女性は昔は着物しか着なかったのですから、妊娠中だからといって問題があるわけがありません。

妊娠中は、お腹に脂肪がつきますし、また胎児を守るための胎盤もお腹の中に形成されます。
そのため外からの圧迫には、比較的強いそうです。

ただし妊娠中に着物を着るには、いくつかの注意点があります。
また着物は自分で着付けをするのでなく、着付師さんにまかせるのがおすすめです。

妊娠中に着物を着る際の一般的な注意点

帯は軽くてやわらかいものを選ぶ

帯には固くて重いものから軽くてやわらかいものまで、様々な種類があります。
妊娠中は、軽くてやわらかいものを選ぶようにしましょう。

硬くて重い帯をしめる際には、どうしてもしめ付けを強くしなくてはなりません。
妊娠中に脇の下や胸元を強くしめると、苦しくなることがあります。

特に気をつけなければならないのは、お母さんからお下がりでもらった着物を着る場合。

昔の帯は、硬くて重いものが多いです。
着物はそのまま着るとしても、帯だけはレンタルするなど、できるだけ軽くてやわらかいものにしましょう。

絹の着物は避けるのが無難

妊娠中は、突然つわりが襲ってきて戻してしまうことがあります。
その場合、戻したものが着物についてしまうことがありますよね?

着物に吐しゃ物がついてしまうと、汚れは落とすことができません。
なので自分の着物なら着られなくなってしまいますし、レンタルの場合だと、買い取りになることもあります。

ですから値段が高い絹の着物は、妊娠中は着るのを避けるのが無難です。
値段が安い、木綿やポリエステルのものを選びましょう。

妊娠初期(4ヶ月まで)の注意点

妊娠初期は、胎児はまだピンポン球くらいの大きさなので、お腹も目立ちません。
なので着物を着付けるうえでは、特に問題となることはありません。

ただし妊娠初期は体調がもっとも不安定なため、着物を着て胸元が締め付けられると、急な吐き気が襲ってきたりすることがあります。
そうなると着物を汚してしまうこともあり、絹の着物の場合は、その後が大変なことになります。

なので体調がすぐれない場合や、移動があるなど長時間着物を着なくてはならない場合は、荷物にはなりますが、念のため洋装も準備しておきましょう。

また着物は家から着ていくのではなく、移動した後、現地で着るようにするのがおすすめです。

妊娠中期(5ヶ月〜7ヶ月)の注意点

妊娠中期はつわりも治まってきますので、体調的には安定します。
妊娠中に着物を着るには、一番楽しめる時期だと思います。

ただしお腹は少し目立ってきます。
ですから帯に、注意するようにしましょう。

妊娠中期では、帯は帯板を入れないようにするのがおすすめ。
また帯幅ができるだけ狭くなるように、半幅帯か兵児帯を選ぶようにしましょう。

妊娠後期(8ヶ月〜出産まで)の注意点

妊娠後期は、お腹がボッコリと出てきます。
なので問題は、まず帯や紐の長さ、着物の幅が足りなくなること。

普段着ている着物は、場合によっては着られなくなるかもしれません。
また着物をレンタルするのなら、サイズが大きめのものを選ぶようにしましょう。

それからお腹が出てくると、足元が見えません。
着物を着ると歩きにくくなりますので、転ばないように注意しましょう。

階段などは歩くのが辛いですから、着物はかならず移動の後に着付けましょう。
また足袋や下駄などは、滑りやすい素材のものは避けましょう。

あと妊娠後期は、切迫気味になることがあります。
切迫気味のときは、着物は着るのをやめておくほうが良いでしょう。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る