着物買取を装った訪問トラブルに注意!

着物買取を装った訪問トラブルが発生しています。

良くある手口は着物を査定する口実で、貴金属を買い取られる被害が多発しています。

悪徳業者に騙されないためのポイントと、騙されてしまった時の対処法を解説しているので、要らない着物を売ろうと思っている人はチェックしておきましょう。

あわせて読みたい記事

訪問トラブルの実態

訪問トラブルは、まず女性から「不要な着物はありませんか?」と、自宅に電話がかかってくるそうです。

年配の女性になれば、不要な着物はかなりの数持っていることが多いと思います。
そして、つい査定を承諾してしまうと、男性が来たというんです。

男性は、着物の方は、ざっと見ただけで、すぐに、「貴金属を見せて欲しい」と言ったそうです。
男に言われるがままに貴金属を見せると、それを宝石箱ごと、買い取られてしまったそうです。

あとで人に聞いてみると、それはとんでもない、二束三文の値段だったとのこと。

それで女性は、すぐに業者に連絡、キャンセルを申し出ましたが、「品物はもう売却し、手元にない」と言われ、応じてもらえませんでした。

訪問トラブルは、大体がこのような内容で、年配の女性宅に電話が入り、着物の買取を装いながら、着物以外の金目の物を、安く買い叩いていくというやり方です。

一度売却してしまったものは、クーリングオフなどはできません。

このような訪問トラブルには、巻き込まれないよう、くれぐれも注意が必要です。
もしトラブルに巻き込まれそうになったら、すぐに消費者センターへ連絡するようにしましょう。

訪問トラブルへの対処法

1. 素性の知らない業者を家に呼ばない

電話一本で連絡してくるような、素性のしれない買取り業者を家に呼ばないようにしましょう。

買取り業者は、ホームページなどで取引実績その他をきちんと確認の上、家に呼ぶようにする必要があります。

2. 売る気がなければきっぱり断る

査定をしてもらったからといって、必ずしも売却しないといけないわけではありません。

相手の態度に不審を感じるなど、「怪しい」と感じた時には、売却はきっぱりと断るようにしましょう。

悪徳業者の中には、玄関先に居座ったり、脅したり、などのこともしてくることがあるかもしれません。
その場合にはためらわず、警察を呼びましょう。

3. 一人で業者に対応しない

特に女性の場合には、男性の業者が相手だと、「おかしい」と思っても、つい押し切られてしまいがちです。

直接連絡をしてきた業者に、もし査定を依頼する時があったとしても、一人で対応せず、必ず誰かに同席してもらうようにしましょう。

着物を売るなら業界の大手に依頼しよう

自宅まで査定にきてくれるため、手間がかからないからと承諾してしまうこともあると思いますが、基本的に自発的に依頼していない業者はやめておきましょう。

最近では、名前の知れた大手でも、自宅まで査定をしにきてくれるようになってきました。

ですので、もし着物を売りたいと思ったら、自分で査定を依頼をするようにしましょう。

悪徳業者にひっかかると、ご家族も心配してしまうので、何かを売る時は信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る