久米島紬

久米島紬は、沖縄県の久米島で織られる紬です。
黒く、独特の光沢のある色合いは、上品で、憧れる方も多いと思います。

歴史を辿ると、14世紀の末に堂の比屋という人が中国へわたり、養蚕技術を学んで帰り、久米島に広めたことが始まりだと言われています。

また奄美大島の大島紬や、結城紬など多くの紬が、この久米島紬が発祥になっているとも言われているそうです。

久米島紬の歴史

堂の比屋は、『琉球国由来記』に登場する人物だそうです。
中国から漂流してきた人と親しくなり、それから中国へ自ら渡り、養蚕技術を学んできました。

それから紬が生産されるようになり、16世紀になって琉球王国に帰属すると、貢納付として紬を収めるようになりました。

さらに17世紀には、薩摩藩にも帰属するようになったため、当時の久米島の人達は、紬による貢納付に四苦八苦していたようです。

ところがこの紬製造、技術がなかなか進歩しなかったのだそうです。

そこで17世紀になり、越前より坂元普基が、そして薩摩より友寄景友が久米島へやってきて、紬の織り方、糸の染め方などを伝えたことにより、久米島紬の製造技術は飛躍的に高まりました。

18世紀には紬の生産は大変盛んになりましたが、生産した紬の大半は、貢として収めなければなりませんでした。

しかしその頃から、久米島紬は江戸でも「琉球紬」として知られるようになりました。

20世紀に入り、貢納付はようやく廃止されることとなり、久米島島民は自らの利益のために、紬製造を行うことができるようになりました。

またちょうどそのころ、両村組合立女子工業徒弟学校が設立、紬織物の製造技術を教えるようになったため、それから以後、久米島紬の生産は、大きく拡大していくことになったそうです。

第一次大戦後の世界恐慌のため、それから太平洋戦争終戦まで、久米島紬の生産は低迷した時期はありましたが、戦後は再び復興され、盛んに製造されるようになっています。

2004年には、国の重要無形文化財にも指定されることとなりました。

久米島紬の特徴

久米島紬は、製造はすべて、手作業で行われています。
また図案の選定から染付、さらには織りの、全ての工程を、基本的に一人がやるのも大きな特徴となっています。

養蚕も、全てではないそうですが、久米島内で行われているとのこと。
また染料は、草木染めもの泥染めも、すべて党内で行われているそうです。

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
加賀友禅の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
吉野間道の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
由水十久の着物や帯の買取価格相場と特徴
斉藤三才の着物の買取価格相場と特徴
丹下雄介の着物や帯の買取価格相場と特徴
中村勇二郎の着物の買取価格相場と特徴
藤井寛の着物や帯の買取価格相場と特徴
小宮康助の着物の買取価格相場と特徴
福田喜三郎の着物の買取価格相場と特徴
志村ふくみの着物や帯の買取価格相場と特徴
誉田屋源兵衛の着物や帯の買取価格相場と特徴
栗山吉三郎の着物や帯の買取価格相場と特徴
森山虎雄の着物の買取価格相場と特徴
ページの先頭へ戻る