街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?

せっかく着物を買ったのなら、やはり特別な場だけではなく、街にも着物を着て出かけたいもの。
鎌倉などを着物を着て歩くのは、気分がいいものです。

ただし着物を着て街歩きをする際には、気をつけるべきマナーがあります。
それをここではまとめました。

着物の選び方と着付けのポイントは?

着物を着て街をあるくには、やはり窮屈だったり、気を使わなければいけなかったりするのでは、楽しい気分も台無しです。
それには着物の選び方と着付けを、街歩きに適したものにするのがポイントとなります。

格が高い着物はやめよう

街を歩けば、どうしても着物が汚れます。
汚れを気にしていては、気楽に待ちは歩けません。

そこで街を歩く際の着物は、小紋以下の格が高くないものを選ぶのがおすすめです。
さらに柄も、汚れが目立たないものを選びましょう。

着付けをタイトにし過ぎない

街には平坦な道ばかりでなく、坂もあれば階段もあるもの。
そういう場所で、ある程度活動的に動けなければなりません。

そのためには、まず裾は短めにしておくこと。
また着付けをタイトにしないことが大切です。

階段などを上がる際の姿勢に注意

着物を着て歩くには、洋服の場合とは違った作法が必要です。
特に気をつけなければいけないのは、階段を上がるとき。

階段を上がるときには、どうしても裾が開いてしまいがちです。

なので裾を気にしているように、階段に対して体を斜めに開くのがおすすめ。
さらに左手で裾を抑えるようにすると、エレガントな見た目になります。

着物で食事をする際のマナー

着物で食事をする際にも、気をつけるべきマナーがあります。

ハンカチは膝の上に

着物を着て食事をすると、どうしても「着物を汚さないように」と考えるもの。
それで着物の衿や帯に、ハンカチを挟んでかける人を見かけます。

でもそれは、見た目が良くありません。

ハンカチは、膝の上に置くようにするのがおすすめです。
また食べ物も、いつもより少しずつ口に運んで、落とさないように気をつけましょう。

物を取る際には袖口を抑えて

食事の際には、湯のみや醤油など、テーブルの奥にあるものを取らなければならないことがあります。
その際には、かならず袖口に手を添え、抑えるようにしましょう。

そうすれば、袖に食べ物などがつくことはありません。
またその動作により、着物を着慣れた雰囲気を醸し出すこともできます。

あわせて読みたい記事

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
加賀友禅の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
吉野間道の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
由水十久の着物や帯の買取価格相場と特徴
斉藤三才の着物の買取価格相場と特徴
丹下雄介の着物や帯の買取価格相場と特徴
中村勇二郎の着物の買取価格相場と特徴
藤井寛の着物や帯の買取価格相場と特徴
小宮康助の着物の買取価格相場と特徴
福田喜三郎の着物の買取価格相場と特徴
志村ふくみの着物や帯の買取価格相場と特徴
誉田屋源兵衛の着物や帯の買取価格相場と特徴
栗山吉三郎の着物や帯の買取価格相場と特徴
森山虎雄の着物の買取価格相場と特徴
ページの先頭へ戻る