着物リメイクの基本を学ぼう!

着物のリメイクとは、リユース着物や着物の端切れを購入し、それをリメイクして洋服やバッグ、小物などを作ること。
ここでは着物リメイクの「基本の基本」をまとめてみました。

リメイクする着物はどのようにして選ぶ?

布の耐久性をチェックしよう

リユース着物は、昭和に作られた比較的新しいものから、明治・大正、さらには江戸時代に作られた古いものまであります。
古いものは、耐久性が低下していることも多いです。

せっかく作った洋服やバッグが、すぐに破けてしまうのでは困りますから、リユース着物を選ぶ際にはまず耐久性を確認することが大切です。

まず着物の端をつまみ、軽く引っ張ってみましょう。
手で引っ張っただけで破けてしまうようなものは、リメイクの素材として使うことはできません。

また長く着た着物は、お尻や裾・袖などの部分が擦り切れやすいもの。
この部分の状態は、特に慎重に確認しましょう。

シミをチェックしよう

シミのチェックも必要です。
着物をリメイクする場合、シミが目立たない部分にあれば、それを避けて使用することもできます。

でもどうしても使いたい美しい柄の部分、記事を広く使いやすい背中や袖の部分などにシミがあると、そういうわけには行きません。

シミ抜きは、業者に依頼はできますが、費用が高額である上に、シミ抜きをしてもシミが取れるとは限りません。
シミがあることを前提に、購入を検討することが必要です。

糸をほどいて洗う

リメークするための着物素材は、まず糸をほどいて、生地を洗います。
ここで失敗すると、その後の作業すべてに差し障りが出てきますので、慎重に行いましょう。

糸をほどく

糸をほどくには、特別な方法は必要ありません。
ただしハサミを使うより、リッパーなどを使った方がやりやすいと思います。

また着物を作る順番を知っていれば、その逆順で糸をほどくことにより、効率が上がります。
糸を着る際、着物生地まで切ってしまわないよう、くれぐれも注意しましょう。

洗う

糸をほどいた着物生地は、おしゃれ着洗剤で手洗いします。
染料が溶け出してきますから、色移りしないように静かに洗います。

ここで完全に絞ってしまわないことが大切。

手で絞るなら、水がまだポタポタと垂れる程度に。
脱水機でも1〜2秒に留めるようにしましょう。

完全に乾く前にあて布をしてアイロンをかけると、シワが取れます。

着物の素材と洋服デザインの相性

着物にはさまざまな素材があります。
そのそれぞれと洋服デザインとの相性がありますから、着物生地から何を作るのかは慎重に検討しましょう。

色無地・絞・お召など正絹のやわらか物

正絹のやわらか物は、体にフィットするブラウスや垂れ感のあるワンピースなど、正絹ならではのやわらかさを活かすようにしましょう。
スーツなどかっちりとしたデザインのものには向きません。

大島紬・結城紬などの素材はハリがありますので、スーツに向きます。
また水にも比較的つよいため、コートにするのもおすすめです。

綿の絣や藍染め

綿の着物は、リメイクするとカジュアル感が出るのが特長。
また洗濯するたびに風合いが変わっていくのも長所だと思います。

絽や紗などの夏物

絽や紗などの夏物は、やはり夏物の洋服にリメイクするのがおすすめ。
大人っぽいエレガントな雰囲気になります。

着物のリメイクをしてくれるお店

このように、様々なリメイク方法がありますが、自分でやるとなるととても難しいので、着物を色々な物にリメイクしてくれるお店を利用しましょう。

リメイクしてくれるお店の中には、直接店舗に行かなくても、郵送で着物をリメイクしてくれるお店もあります。

着物のリメイクをしてくれるお店をご紹介しますので、もしリメイクしたい着物があるなら、リメイクのプロに相談してみましょう。

古布・着物リメイクのお店「なごみ屋」

  • 住所
    〒862-0924 熊本市中央区帯山3-20-9
  • 電話番号
    096-384-4114
    (受付時間:火〜土、9:00〜19:00)
  • メールアドレス
    nagomiya@7538.jp
  • ホームページ
    http://7538.jp/
  • 対応地域
    全国対応
  • リメイク料金
    制作前に個別に見積り
なごみ屋の特徴

なごみ屋は、お気に入りの着物を日傘や洋服などをおしゃれにリメイクしてくれるお店です。
着物だけではなく、帯や大漁旗など、布物であればどんなものでもリメイクしてくれるのが特徴です。

全国対応ですので、郵送で着物を送り、リメイクが完成したらその完成品を送ってくれます。どこに住んでいてもリメイクしてもらえるのは嬉しいですね。

なごみ屋のオーダーメイドリメイクは、人気のため数ヶ月待ちの状況が多いので、リメイクしてもらいたい場合は早めに予約しましょう。

リメイク例

着物リメイクとオリジナル販売のお店「MikiLirry」

  • 住所
    名古屋市港区油屋町3丁目17-2
  • 電話番号
    052-384-7302
    (受付時間:9:00〜18:00)
  • メールアドレス
    info@smikirirry.net
  • ホームページ
    http://smikirirry.net/
  • 対応地域
    全国対応
  • リメイク料金
    9,800円〜
「MikiLirry」店主からの一言

お客さまのご希望にあわせて、少しでもご満足していただきますよう心をこめておつくりいたします。

着物リメイク洋服やバッグ、テーブルセンターやタペストリーなどをおつくりしておりますが、販売品のほかにオーダーご注文も承っております。

お着物リメイクカジュアルのオーダーメイドは、コート、ワンピース、スーツ、ブラウス、スボン、スカート、チュニック、ジャケットも承ります。

お気軽にお問い合わせをどうぞ。

リメイク例

お気に入りの着物をリメイクして、生活のそばに置いておくというのは素敵なことです。

「この着物はどうしても売りたくない」という方は、タンスの中に眠らせておくのではなく、着物を身近な存在に変えてくれるリメイクをしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
加賀友禅の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
吉野間道の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
由水十久の着物や帯の買取価格相場と特徴
斉藤三才の着物の買取価格相場と特徴
丹下雄介の着物や帯の買取価格相場と特徴
中村勇二郎の着物の買取価格相場と特徴
藤井寛の着物や帯の買取価格相場と特徴
小宮康助の着物の買取価格相場と特徴
福田喜三郎の着物の買取価格相場と特徴
志村ふくみの着物や帯の買取価格相場と特徴
誉田屋源兵衛の着物や帯の買取価格相場と特徴
栗山吉三郎の着物や帯の買取価格相場と特徴
森山虎雄の着物の買取価格相場と特徴
ページの先頭へ戻る