手軽に着られるラフな着物・浴衣

着物は最もラフな着物。
素肌に直接着るのが基本ですから簡単に着付けができますし、価格も手頃。
若い世代や外国人からも人気です。

入浴の際に着たのが発祥

浴衣のルーツは平安時代にまで遡ります。
当時の貴族が蒸し風呂に入るとき、「湯帷子(ゆかたびら)」と呼ばれるものを着たと「和名類聚抄」に書かれています。

蒸し風呂の水蒸気でやけどをしないこと、汗取り、および複数の人と入浴したため肌を隠すことが目的だったと言われます。
この湯帷子が、浴衣のルーツだと言われます。

湯帷子の素材は、当時は比較的安価で、また水分を吸い取りやすい麻が使用されました。

江戸時代の後期になると、綿の生産量が増えたため価格が下がり、湯帷子も綿で作られるようになりました。
また銭湯の普及にともない、入浴中ではなく湯上がりに着るものになり、名前も「ゆかた」になりました。

現在では、風呂あがりだけに限らず、浴衣は夏に着る略式の着物として定着しています。

浴衣の素材や色・形

浴衣の素材

浴衣の生地は、木綿が主です。
通常のものよりも隙間をあけて織った「平織り」のものが多いです。

ただし最近では、木綿に麻を混ぜたもの、ポリエステルなどの化繊のものなど、幅広い素材が使われるようになっています。

浴衣の色

浴衣の色は、白地に藍で染めたものが多いです。
これは昔の人の生活の知恵が秘められています。

白は光を反射しますから、暑い夏でも涼しく過ごすことができます。
また藍は、夏に出てくる虫よけの意味があります。
藍の香りを、多くの虫が嫌うからです。

浴衣の形

浴衣の形は、着物の中でも最も基本的な構造です。
生地も比較的安いので、家庭家の授業などで和裁の基礎を習う際、浴衣を縫った人も多いのではないかと思います。

しかし最近では、新しいデザインの浴衣が数多く登場しています。
伊達衿を合わせたり、胸元にフリルやレースをあしらったもの。
膝上のミニスカートのような丈のもの。
フレアスカートのように広がったデザインのもの…などなど。

これらの個性的なデザインは若者からも支持されて、浴衣愛好家の裾野を広げることに大きく貢献しています。

浴衣の着方

浴衣を着る場面

浴衣は元来は、風呂上がりや寝間着としての使用が主。
江戸時代になるまでは、人前での着用は憚られるものでした。

しかし江戸時代になってから、夏祭りや花火鑑賞など、気取らない場であれば浴衣でよいという風潮が定着しました。

ただしもちろん、浴衣はあくまで略式着。
浴衣で改まった場へ出かけるのは失礼です。

素肌に着るのが基本

浴衣は素肌の上に着るのが基本です。
ただし麻など透けやすい生地の場合には、長襦袢をつけたほうがいいでしょう。

また浴衣の中にも、染め方などによって格があり、普段着として着られるものもあります。
そのような浴衣を着る場合には、着物と同様下着をつけ、衿元を重ねた装いにすることが必要です。

浴衣は男性も女性も通常の着物と同様、右前にして着ます。
また裾については心持ち上にあげ、くるぶしが見え隠れする程度にします。

浴衣の帯は?

浴衣の帯は、男性は三尺帯、女性は半幅帯を使用するのが通例でした。
ただし着付けを簡単にするために、兵児帯が用いられることもあります。

また最近では、男性が浴衣に角帯を合わせることも多いです。
以前は「浴衣には角帯は合わない」とされてきましたが、その通年は薄れてきているようです。

実際、メーカーが新作の男性用浴衣を発表する際、角帯とのセットを提案することも増えています。

帯は、自分で締められない人も増えています。
そのため作り帯が添えられて、マジックテープなどで留めるようにした帯も販売されています。

浴衣の履物は?

浴衣を着る際に履くのは、素足に下駄が一般的。
ただし履きなれないと転んだり、鼻緒で指や足の甲が擦れて怪我をするなどのこともあります。

その場合には、薄手の足袋をつけるようにしてもかまいません。
また男性なら雪駄や、さらには洋風のサンダルなどを合わせても、おかしいことはありません。

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
男の着物は何を揃えればいいの?
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の買取価格相場
加賀友禅の買取価格相場
吉野間道の買取価格相場
京友禅の買取価格相場
由水十久の買取価格相場
斉藤三才の買取価格相場
丹下雄介の買取価格相場
中村勇二郎の買取価格相場
藤井寛の買取価格相場
小宮康助の買取価格相場
福田喜三郎の買取価格相場
志村ふくみの買取価格相場
誉田屋源兵衛の買取価格相場
栗山吉三郎の買取価格相場
森山虎雄の買取価格相場
羽田登喜男の買取価格相場
柿本市郎の買取価格相場
松井青々の買取価格相場
喜多川平朗の買取価格相場
平良敏子の買取価格相場
千總(ちそう)の買取価格相場
紬屋吉平の買取価格相場
龍村美術織物の買取価格相場
ページの先頭へ戻る