男の着物は何を揃えればいいの?

男性が着物を着るのも、またいいものだと思います。
お祭りなどに浴衣で行ったり、家では昔の作家みたいに、着物で過ごすなどというのもいいですよね。

でも着物を着るにも、まずは何を揃えたらいいのか分からない人も多いと思います。
そこでここでは、男の着物を着るために必要なものをまとめてみました。

最低限必要なもの

着物を着るからといって、何も初めから格式張る必要はありません。
何事も、まずはできることから始めてみるのが大切だと思います。

男の着物を着るために最低限必要なのは、次のものです。

着物

もちろん、必要なのは、まずは着物。
着物の素材は、ウールや化繊・麻・木綿・絹などの素材があります。

着物の値段は、本当にピンからキリまで。
ウールの着物なら、古着屋を探してみれば、けっこう洒落たものが500円ほどで売られていることもあります。

着物を着るためには、言うまでもなく帯が必要。
帯には「角帯」「兵児帯」の2種類がありますが、男性は角帯を使います。

角帯はハリのある素材で出来ていて、幅は9センチ、長さは4メートル15センチ。
これも古着屋を探してみれば、500円くらいでけっこういいものがあります。

下駄・雪駄

着物を着る場合、履物には下駄または雪駄を履きます。
下駄と雪駄のちがいは、靴で言えばちょうどスニーカー(下駄)と革靴(雪駄)みたいなもの。

下駄も雪駄も、安いものなら1,000円ほどで、新品を買うことができます。

その他にあったらいいもの

男の着物を着るために最低限必要なのは、上の着物と帯・下駄(雪駄)。
そのほかに、あったらいいものをまとめます。

羽織

羽織は、着物の上に着るもの。
洋服で言えば「ジャケット」みたいなもので、着るとしっかりとした改まった印象になります。

ただしあまり若い人が羽織を着ると、ちょっと「おじさん臭く」見えることもあります。

襦袢

着物の下に着る下着。
着物とおなじ丈の長いものは「長襦袢」、上半身だけの短いものは「半襦袢」と呼ばれます。
襟は、半襟を縫い付けて使います。

足袋

足袋は、いわば靴下。
木綿でできて伸び縮みしないので、自分の足のサイズに合ったものを選びましょう。

礼装の場合は白足袋が基本。
でも普段使いをするのなら、汚れが目立たない色足袋や柄足袋がおすすめです。

伊達締め(腰紐)

伊達締めは襦袢を締めるのに使うもの、腰紐は着物の帯の下で帯の補助として使うものです。
どちらにするかは好みで選んでかまいません。

あわせて読みたい記事

その他のページ

大島紬
結城紬
塩沢紬
久米島紬
米沢紬
牛首紬
長井紬
信州紬
秦荘紬
飯田紬
着物はTPOに合わせて選ぶ
着物をクリーニングするにはどこに出したらいいの?
着物に似合うカジュアルなヘアスタイルは?
リサイクル着物の相場と購入の際の注意点は?
リユース着物の市場は海外向けを中心に拡大の方向
着物リメイクの基本を学ぼう!
振り袖は何歳まで着られるの?
着物はオークションに出せば高く売れるの?
着物に合うバッグはどのように選べばいい?
草履を選ぶ際のポイントは?
街歩きで着物を着る際に気をつけるべきマナーは?
古い着物はメンテナンスして蘇らせよう!
昔は普段着だった女性の第一礼装・留袖
訪問着は用途が広いので長く着られるものを選ぼう!
付け下げはカジュアルなおしゃれ着感覚
手軽におしゃれを楽しめる小紋
TPOを選ばない便利な色無地
手軽に着られるラフな着物・浴衣
さり気なく趣味のよさをアピールできる粋な反物・紬
普段着として親しまれてきた絣(かすり)
本場黄八丈の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
加賀友禅の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
吉野間道の着物や帯の買取価格相場と特徴や歴史
由水十久の着物や帯の買取価格相場と特徴
斉藤三才の着物の買取価格相場と特徴
丹下雄介の着物や帯の買取価格相場と特徴
中村勇二郎の着物の買取価格相場と特徴
藤井寛の着物や帯の買取価格相場と特徴
小宮康助の着物の買取価格相場と特徴
福田喜三郎の着物の買取価格相場と特徴
志村ふくみの着物や帯の買取価格相場と特徴
誉田屋源兵衛の着物や帯の買取価格相場と特徴
栗山吉三郎の着物や帯の買取価格相場と特徴
森山虎雄の着物の買取価格相場と特徴
ページの先頭へ戻る